[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
心理療法
Psychotherapy
 担当者
 Instructor
講師   山内 志保  前学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①臨床心理士の役割や倫理について学ぶこと、②ビデオ視聴や事例紹介、体験的なワークを通して、各種心理療法の概要と実際を知ること、③さまざまな心理療法の差異と共通点に関する洞察を得ることである。また、人間科学部のカリキュラム・ポリシーに基づき、人の心に関する多角的・総合的な視点から心理的援助のありようを検討するための基礎的な力を育むことも期待される。
 
授業内容 Course Content
 「臨床心理士ってどんな仕事?」「心理療法ってどんなことをするの?」等といった、臨床心理士と心理療法を取り巻く疑問に対する適切な理解を促すため、下記の使用書(テキスト)に沿って、臨床心理士の役割と倫理、各種心理療法に関する基本的知識を学習する。また、臨床心理士を志す人には、職業人として自分自身のオリエンテーションを探す一助ともなるよう、さまざまな心理療法の理論と実践をデモンストレーション映像や体験的ワークを通して紹介する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は以下の通り予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。予習として、各回の関連ページに予め目を通しておくとよい。復習としては、講義時に示した視覚的資料や参考文献を当たること、予習時と授業時に得た知識に関する理解を深め、疑問点を掘り下げることを勧める。

1. ガイダンス:心理療法・カウンセリングとは何か
2. 臨床心理士の態度と倫理
3. 心理療法の基本:①精神分析的アプローチ
4. 心理療法の基本:②クライエント中心療法
5. 心理療法の基本:③行動療法・認知療法
6. 認知と行動にアプローチする心理療法:認知行動療法
7. 日本で生まれた心理療法:森田療法・内観療法
8. イメージにアプローチする心理療法:①箱庭療法・芸術療法
9. イメージと身体感覚にアプローチする心理療法:②自律訓練法・フォーカシング
10. からだにアプローチする心理療法:①臨床動作法
11. からだにアプローチする心理療法:②EMDR
12. 感情にアプローチする統合的心理療法①:感情焦点化療法(EFT)
13. 感情にアプローチする統合的心理療法②:加速化体験力動療法(AEDP)
14. 子どもを対象とした心理療法:プレイセラピー
15. 総括

 
授業運営 Course Management
 全て講義形式で行なうが、各種心理療法の実際を授業内で実施する体験的なワークを始め、DVDやVHS、スライドといった視覚的な情報も取り入れながら紹介し、受講生が実際の心理療法に関するイメージを持ちやすいよう、実践的な例を取り入れた説明を行なう。また、適宜レポートによる課題を課す。
 
評価方法 Evaluation Method
 レポートの提出(50%)、定期試験の成績(50%)によって総合的に評価する。なお、講義を4回以上欠席したものは評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問や指摘は授業後にその場で、またメールでも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
氏原 寛・成田善弘『臨床心理学① カウンセリングと精神療法 [心理治療]』[培風館]1999年

参考書 Book (s) for Reference
適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]