[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
心理療法
Psychotherapy
 担当者
 Instructor
教授   杉山 崇  後学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
1)現代社会における心理療法の実際を理解し、自己理解、他者理解、現代社会の理解の手がかりを得る。
2)心理職候補者相当の心理療法の基礎知識を身につける。
 
授業内容 Course Content
 心理療法は心理学の応用分野の一つですが、医療、福祉、教育、など実社会の様々な領域と関わって発展しています。
 この授業では国内外の最新研究や動向も含めて、心理療法を基礎から応用まで学びます。
 到達目標は心理療法から人間を理解すること、理解を記述できること、そしてみなさんの自己管理に向けて心理療法の知識を「ふだん使い」することです。
 心理療法が人間の何にアプローチするのか、心理療法とは社会的にどのような意義があるのか考察し、また、心理療法の教養を通じて皆さん自身の自己理解も深めましょう。
 
授業計画 Course Planning
 第1回 心理療法の歴史と展開(授業ガイダンス)
 第2回 心理療法の目的と対象(心理療法家の在り方)
 第3回 対象関係と原初的防衛機制(BPDの心理①)
 第4回 精神分析的心理療法と統合的心理療法(BPDの心理②)
 第5回 認知療法と行動療法(BPDの心理③)
 第6回 共通要因アプローチ(Depression①)
 第7回 自己概念と社会心理学(Depression②)
 第8回 IPTとCCT(Depression③)
 第9回 心理療法の展開:変化の過程
第10回 心理療法と問題解決法
第11回 変化の過程と動機づけ
第12回 認知行動療法①自動思考を改善
第13回 認知行動療法②行動・意識を改善
第14回 認知行動療法③生き方を改善
第15回 学習成果のまとめ
 
授業運営 Course Management
1)心理学概論、臨床心理学Ⅰ、人格心理学、応用社会心理学の単位を取っていることが望ましい授業です。
  ただし,必須ではありません。
2)初回の授業で上記科目の基礎知識の確認テストを実施します。このテストの成績不良者は履修を認めない場合があります。
3)授業内に周囲の人と話しあってもらう場合もあります。
4)授業内に小テストを行う場合があります。
  *要注意!* 理解の定着を促すために同じ小テストを複数回実施する場合もあります。
5)講義形式ですが、リアクションペーパーを活用して双方型授業として行います。
  質問やコメントを記入の上、提出してください。
  *要注意!* リアクションペーパーへの返答を通して理解の具体化を図ります。返答に一定の時間を割く授業形態です。
  授業時間内に質問への対応も授業の一部なので十分な時間を取ります。
6)事前学習として、次回授業のキーワードを調べてください。
7)事後学習としてテストに備え、小テストで間違えた箇所は復習すること。

 
評価方法 Evaluation Method
小テスト、レポートおよびリアクションペーパーの評価を平常点とします。
ここに最終テストの得点を加算して成績の素点とします。

リアクションペーパーの充実した記述などの現れる顕著な積極性に対しては得点の加算が行われる場合もあります。

なお,5回以上の欠席がある場合は評価対象としない場合もあります。
安易な欠席はご遠慮ください。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日昼休み
重複を避けるために授業中に予約をとることをお勧めします。
 
使用書 Textbook (s)
『これからの心理臨床』[ナカニシヤ出版]2007
『どうせうまくいかないが「なんだかうまくいきそう」に変わる本』[永岡書店]2016

参考書 Book (s) for Reference
『事例でわかる基礎心理学のうまい活かし方』[金剛出版]2010

 
 
 
[前へ戻る]