[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
応用社会心理学
Applied Social Psychology
 担当者
 Instructor
教授   杉山 崇  前学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
「ビジネスと暮らしに活かす心理学」を身に着けることを目指す。
その下位目標は
①社会心理学の基礎を理解する。
②現代社会および実生活の問題解決に応用できる。
③産業(ビジネス)場面での活かし方の具体的なイメージを掴む。
④日々の暮らしでの活かし方の具体的なイメージを掴む。
⑤自分自身の生き方や人生を社会心理学を通じて考える(キャリア形成)
の5つである。


 
授業内容 Course Content
 「ヒト」は社会に存在して始めて「人間」であり、人と人の間に存在する「こころ」が私たちの健常な日常生活の維持において問題になることが多い。
 この授業では社会心理学を通して,人間の理解を深め,日常生活やビジネス,心理臨床の諸問題への心理学に基づいた問題解決スキルを学ぶことをを目指す。
 
授業計画 Course Planning
受講生諸君の理解度に応じて、次のような計画で授業をすすめる。
 1. 人が社会を作ったのか?社会が人を作ったのか?
 2. グループダイナミクスと社会的アイデンティティ
 3. リーダーシップ
 4. 集団の効果と諸問題
 5. 「やる気」を伸ばす方法
 6. 説得力のある交渉術
 7. 心変わりを生み出すスキル
 8. 印象形成と情報バイアス
 9. 対人魅力と対人関係の錯覚
10. 援助要請とソーシャルサポート,攻撃行動
11. その人は敵か,味方か?
12. 自己意識と他者
13. ストレスと人間関係
14. 心の不調の理論と予防
15. 学習成果のまとめ
 
授業運営 Course Management
1)講義形式ですが、リアクションペーパーを活用して双方型授業として行います。
  質問やコメントを記入の上、提出してください。
  リアクションペーパーへの返答を通じて受講生のイメージをより具体化させる授業形態です。
  *要注意!* リアクションペーパーにはできる限りの記入を義務付けています。また、返答にも一定の時間を割きます。
2)事前学習として,次回授業のキーワードを調べ理解しておくこと。
3)小テストを行う場合があります。
  *要注意!* 理解の定着を促すために同じ小テストを複数回課す場合もあります。
4)事後学習としてテストに備えて復習すること。
5)受講者は実生活の問題解決力を向上させるつもりで臨んでほしい。


 
評価方法 Evaluation Method
小テスト、授業に対する態度(含むリアクションペーパー)、まとめの授業内テストを素点として評価します。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日昼休み
重複を避けるために予約を取ることをお勧めします。
 
使用書 Textbook (s)
『入門!産業社会心理学(仮)』[北樹出版]2015


 
 
 
[前へ戻る]