[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
熱工学特論
Advanced Thermal Engineering
 担当者
 Instructor
准教授 伊東 弘行  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義は機械工学専攻のカリキュラムポリシーに従って、化学反応をともなう熱流体現象(燃焼現象)について理解することを目的として開講しています。本講義の到達目標は、受講生が燃焼機構や断熱火炎温度など燃焼に関わる基本的な概念を理解するとともに、燃焼計算により燃焼に要する空気量や燃焼排出物量などを計算できることを到達目標とします。
 
授業内容 Course Content
 燃焼現象は各種エンジン、ボイラーや焼却炉など工業的に多くの場面で利用されている。燃焼現象を理解することは、エネルギーの有効活用、有害な燃焼排出物の抑制、燃焼装置の安全な運用を行う上で非常に重要である。本講義では、燃焼現象を理解するため、燃料、燃焼計算、化学反応速度、火炎温度、各種燃料の火炎構造、それらを利用した燃焼機器の構造などについて学ぶ。工業熱力学Ⅰ、Ⅱおよび流体工学Ⅰ、Ⅱを基礎とする。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は以下のように予定しているが、進捗状況によって内容を前後、追加あるいは変更する場合もある。
(1) ガイダンス、シラバス記載事項確認、燃焼現象概説 ~ 燃焼の3要素
(2) 燃焼現象概説 ~ 気体燃料の燃焼概説
(3) 燃焼現象概説 ~ 液体、固体燃料の燃焼概説
(4) 燃焼排出物 ~ すす生成
(5) 燃焼排出物 ~ 窒素酸化物、硫黄酸化物ほか
(6) 燃料の種類 ~ 固体燃料
(7) 燃料の種類 ~ 液体燃料、気体燃料
(8) 燃焼反応機構と反応速度
(9) アレニウスの法則および無次元数
(10) 燃焼計算手法 ~ 理論空気量の算出
(11) 燃焼計算手法 ~ 燃焼ガス濃度の算出
(12) 燃焼計算演習 ~ 燃焼用空気供給量の見積
(13) 燃焼計算演習 ~ 燃焼排ガス組成の予測
(14) 発熱量と断熱火炎温度
(15) 小テストおよび解説、燃焼機器

予習として各回の講義項目をキーワードとして調査し、不明な点などを整理しておくこと。復習として講義内で与えられた演習問題等を解くこと。

 
授業運営 Course Management
講義を中心として、レポート、小テストから構成される。
 
評価方法 Evaluation Method
 小テスト40%、授業にて課すレポート60%により評価する。出席状況は評価の対象としないが、講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問は授業終了後、講義室で受付ける。また、メールでも受付ける。
itohiro@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
特になし。必要に応じ、資料を配布する。

 
 
 
[前へ戻る]