[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
加工学特論
Advanced Machining Technology
 担当者
 Instructor
教授   笹田 昌弘  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、切削加工の加工機構などを理解し、難削材の特徴を知り切削加工の高度化を図ることができる能力を身につけることである。また、受講生が、各種塑性加工法と成形試験を知り、高度な加工を実現するための塑性加工法と加工条件の選択ができる能力を身につけることである。
 優れた研究・開発能力を持つ研究者又は高度な専門知識・能力・技術を持つ高度専門職業人を育成できるようにカリキュラムを編成しており、本講義はその中で、高度な加工を行うために必要となる能力を身につける役割を持っている。
 
授業内容 Course Content
 本講義では、切削加工の理論、難削材の切削加工、特殊加工法について講義を行う。また、各種塑性加工法の特徴、理論、解析方法についても講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
 予習については、次回の範囲で不明なところを確認すること。復習については、講義時に説明した内容を確認することである。
1.シラバス記載事項について確認をする.加工学概説
2.切削加工の基礎:切削機構、2次元切削について学ぶ。
3.切削加工の基礎:切削工具の特徴、各種工具材料、切削特性、切削抵抗について学ぶ。
4.難削材の材料特性:難削材の材料特性について学ぶ。
5.各種工具材料:高速度工具鋼、超硬合金などの各種工具材料、切削特性、工具寿命について学ぶ。
6.高速切削、高温切削、低温切削、弾性切削について学ぶ。
7.難削材の切削加工(1) :ステンレス鋼、耐熱鋼、超耐熱合金
8.難削材の切削加工(2) :チタン、複合材料、第1回試験
9. 塑性加工の基礎:材料特性、各種塑性加工法について学ぶ。
10.板材の成形試験について学ぶ。
11.成形限界や破断について学ぶ。
12.せん断加工について学ぶ。
13.鍛造加工について学ぶ。
14.その他の加工法について学ぶ。第2回試験
15.まとめ:重要な項目を確認しながらまとめを行う。

 
授業運営 Course Management
 配付資料を用いて進める。また、必要に応じて視覚教材も利用する。
 
評価方法 Evaluation Method
 レポート(1回)40%と講義中に行う試験(2回)60%で総合評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日2限(8-514)
 
使用書 Textbook (s)
資料を配布する。

 
 
 
[前へ戻る]