[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学事例研究
Case Study of Human Sciences
 担当者
 Instructor
准教授 笹川 俊  前学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
受講生がバイオメカニクス・運動制御研究に関連する事例(先行研究)を精査する事を通して、大きな研究の枠組みの中における自身の研究の位置付けを確認し、修士論文を完成させる事を目標とする。本講義は、人間科学の多様な分野のうち、バイオメカニクス・運動制御に関する専門的な知識の習得を通じて、現実的な課題解決能力を養成する。
 
授業内容 Course Content
受講生の研究テーマに関連した、運動制御・バイオメカニクス領域における優れた先行研究(論文)を選定し、精査する。
 
授業計画 Course Planning
各回の内容は現時点では下記のように予定しているが、若干変更になる可能性もある。受講生は、予習として各回の内容に合わせてレジュメもしくはスライドを準備し、復習としては、授業内で教員や他の受講生からのフィードバックされたことを修士論文の内容に反映させる。
1. ガイダンス
2. 研究テーマの選定①
3. 研究テーマの選定②
4. 文献の検索と収集
5. 使用文献の選定
6. 文献の輪読(テーマⅠ)
7. 文献の輪読(テーマⅡ)
8. 文献の輪読(テーマⅢ)
9. 文献の輪読(テーマⅣ)
10. 文献の輪読(テーマⅤ)
11. 先行研究のまとめ
12. 先行研究における問題点の整理
13. 仮説の構築
14. 仮説検証のための研究計画の作成
15. 事例研究発表会
 
授業運営 Course Management
授業は演習形式で行なう。履修者が持ち回りで、自身の研究テーマに関連する先行研究について調査し、発表する。発表内容について、参加者全員で議論する。
 
評価方法 Evaluation Method
発表50%、議論における発言の内容50%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日の昼休み(@笹川研究室)。メールでの相談は随時受け付ける。
 


 
 
 
[前へ戻る]