[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学事例研究
Case Study of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   平井 誠  前学期 火曜日7時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
受講者は指定された事例をもとに事例研究を行う。現代の地域問題の一つを事例として、その構造や要因を地理学的な視点から考察できることが目標である。 本研究科のディプロマ・ポリシーの中でも,特に「問題を的確に把握し解明する能力」を身につける事を目的とする。
 
授業内容 Course Content
授業では、以下の授業計画に示すように既存研究の収集から始めて、各自のテーマの設定、テーマに沿った仮説の構築、仮説を論証するための研究方法・手法の設定、設定した方法・手法に沿った研究の実施、研究結果の集計と分析という手順に従って、各自が作業を行い、その進捗状況を授業時間に報告してもらいます。
 
授業計画 Course Planning
講義内容は以下の通りですが、進捗状況などにより適宜、変更します。なお、受講者は予習として各自のテーマに沿って、毎回の講義内容に即した作業を予め行ってきてください。また、復習として授業時間内の指摘事項や質疑応答を踏まえた追加・修正を必ず行ってください。
1. テーマの説明
2. テーマに関連する基礎的資料の収集
3. テーマに関連する基礎的資料の整理
4. テーマに関連する基礎的資料の考察
5. テーマに関連する既存研究の収集
6. テーマに関連する既存研究の整理
7. テーマに関連する既存研究の考察
8. テーマの絞り込みと確定
9. テーマに沿った仮説の構築
10. 仮説検証のための研究方法・手法の検討
11. 仮説検証のための研究対象・項目の検討
12. 仮説検証のための研究の実施
13. 研究結果の集計
14. 研究結果の分析
15. 研究のまとめ
 
授業運営 Course Management
・授業計画で示す各項目について各自が作業を行い、その進捗状況を授業時間内で報告してください。
・授業時間内の報告に対する指摘事項や質疑応答を踏まえ追加・修正を行い、次回に合わせて報告してください。
・上記の作業及び報告を定められた期日までにできなければその時点で「不可」とします。

 
評価方法 Evaluation Method
・授業時間内における報告:80%
・最終レポート(研究のまとめ):20%
以上の点から総合的に評価します。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日・木曜日の昼休み。
研究室:17-302
 


 
 
 
[前へ戻る]