[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
構造安定特論
Structural Stability
 担当者
 Instructor
教授   岩田 衛  前学期 土曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 鉄骨構造における座屈現象を中心として、その基礎である座屈理論について述べ、材料非線形と幾何学的非線形を考慮した問題として、耐力だけでなく塑性変形性能を含めて、構造物の安定・不安定問題について講述する。さらに、解析プログラムを用いて具体的な構造物の非線形挙動を分析する。以上により、受講生が構造設計の実務に必要な知識を得ることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 授業は、先ず、配布資料を用いた講義形式で行う。解析理論を説明した後、理解を深めるために、理論式の展開についてレポート提出を課する。次に、解析プログラムを用いて、実際に例題を数値解析する。最後に、各自が適切な課題を考え、解析を行い、その考察をふまえた発表を行う。
 
授業計画 Course Planning
1.座屈現象:圧縮材
2.筋かい
3.骨組
4.スペースフレーム
5.解析理論:一般
6.平面骨組
7.立体骨組
8.動的解析
9.解析プログラム:一般
10.インプットとアウトプット
11.例題の実行1
12.例題の実行2
13.各自課題の準備
14.課題の実行
15.課題の発表
 
授業運営 Course Management
 講義と演習を半々行う。課題を与え、その結果を発表させる。事前に配布されたプリントを予め読んでくること。
 
評価方法 Evaluation Method
 式の展開レポートと各自課題の発表内容で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等については、毎回の授業終了時に受け付ける。研究室(8-51)においても随時受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
『鋼構造座屈設計指針』
 適宜プリントを配布。
参考書 Book (s) for Reference
『一次元部材論』[日本建築学会]
[実教出版]

 
 
 
[前へ戻る]