[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
高分子物性特論
Physical Chemistry of Polymers
 担当者
 Instructor
教授   池原 飛之  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本科目の到達目標は、大学院レベルの高分子物性について理解し、さらに課題に対するレポート作成を通じて、身につけた知識をより深め、自ら調査・考察できる能力を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 この科目では物理化学的な基礎知識に基づいて、1本の高分子鎖の物性の取り扱いから始め、その後多数の高分子鎖が存在する場合の物性に関して講義する。
 まず重合度や分子量・分子量分布と関係が深い高分子希薄溶液での高分子一分子の形態と広がりなど、高分子鎖一本の性質を中心として理解を深める。理想鎖に関して議論し、その後実在鎖に関して解説する。次に高分子溶液・多成分系やネットワークポリマー・高分子ゲルの物性について講義を行う。次に、高分子材料の重要な性質としての融解・結晶化、ガラス転移、粘弾性などを取り扱う。物性と関係が深い高分子の高次構造にも触れる。
 最終的には高分子物性に関する課題に対してレポートを作成し提出することで、理解度を確認する。
 
授業計画 Course Planning
以下の計画に従って進めるが、授業の進行状況により扱う内容は前後することがある。

予習としては、予備知識の確認として学部レベルの物理化学、物理学、数学を復習しておくことが必要である。
復習としては、各回のノートや配付資料、参考書などを見直すことで、取り扱った内容の理解を深めることが必要である。

(1)シラバス記載事項の確認
  分子量およびその測定法
(2)理想鎖
(3)実在鎖
(4)高分子系における混合の熱力学
(5)高分子溶液の詳細
(6)ネットワークポリマー・高分子ゲル
(7)高分子の融点、融解、結晶化
(8)ガラス転移と自由体積
(9)高分子の粘弾性
(10)高分子の高次構造
(11) 課題出題とテーマ設定
(12) 課題に対する調査
(13) 中間報告
(14) 追調査
(15) 調査レポートの完成と提出
 
授業運営 Course Management
1~10は講義形式で行う。11~15は演習形式で行う。11~15では出題された課題に対して自らテーマを設定して調査を行い、レポートを作成して提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
課題レポートにより評価を行う。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問がある場合は講義中や講義後に受け付ける。または水曜の昼休み(会議日を除く)に研究室 23-722を訪問すること。メールでも質問を受け付ける。ikehara@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
指定なし
参考書 Book (s) for Reference
M. Rubinstein and R. H. Colby『Polymer Physics』[Oxford]2003
L. H. Sperling『Introduction to Physical Polymer Science』4th ed[Wiley & Sons Inc]2005
野瀬卓平、中浜精一、宮田清蔵『大学院 高分子科学』[講談社サイエンティフィック]1997年

 
 
 
[前へ戻る]