[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
高分子化学特論
Synthetic Polymer Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   金 仁華  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、機能性高分子の設計、自己組織化挙動、ナノ材料構築などを網羅した学際的知識を学ぶとともに、化学者として成長するための研究開発に関する課題抽出、選定、解決といった方法論を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
機能性高分子とは、通常高分子が示した繊維、プラスチック、ゴムのような構造物加工用材料とは異なる機能を示す高分子を指す。しかし、その異なる機能を広げるには意外現象に頼ることが多い。高分子の分子構造設計次第、その分子は溶液状態での特異挙動を示すことができる。その分子溶液から分子が集合することができれば、集合体は表面・界面を生み出し、そこから新しい機能を発現させる。界面機能を拡張するには、「ナノ」次元での複雑な空間構築が欠かせない。やがて高分子はパートナーを選び、居心地良いナノ材料へと変身する。
本授業では、機能性高分子を切り口に、先端材料構築への道筋について概説する。
 
授業計画 Course Planning
1.序論:機能性高分子
2. 親水性高分子と疎水性高分子
3. 高分子主鎖構造の合成戦略
4. 高分子側鎖構造の合成戦略
5. 高分子の自己組織化
6. 超分子とナノ結晶
7. 高分子集合体の機能
8. 高分子とゾル・ゲル反応
9.ポリオキサゾリンの合成
10. 機能性ポリオキサゾリン
11. バイオミネラリゼーション
12. ハイブリッドナノ構造材料
13. ナノ材料の空間設計と機能
14. 機能性高分子とキラルナノ材料
15. 総括
 
授業運営 Course Management
授業は基本的にはパワーポイントを用いて行うが、必要箇所は資料の配布や板書を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
課題のレポート評価(70点)と授業中の理解度(質疑応答など)(30点)
 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日の昼休み(23号館717室)
 

参考書 Book (s) for Reference
宮田清蔵、中浜精一、野瀬卓平共編『大学院高分子化学』[講談社]
柴田充弘『基本高分子化学』[三共出版]
鶴田 禎二『高分子合成化学』[日刊工業新聞社]

 
 
 
[前へ戻る]