[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生命分子化学特論
Chemistry in Bioscience
 担当者
 Instructor
教授   小野 晶  後学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 生化学とは生命現象を化学的に理解する学問である。生命現象に関する基礎知識を学び、生命科学、医学・薬学、環境科学における現代的課題の問題に対応する能力を身につける。
 本講義の受講生の到達目標を以下に示す。
  ①生体を構成する物質と反応を学ぶ。
  ②代表的生体高分子であるタンパク質の構造と機能を理解する。
  ③生体触媒である酵素の機能と役割を理解する。
  ④細胞を構成する細胞膜の構造と機能を理解する。
  ⑤解糖系を例に、代謝について学ぶ。
  ⑥真核生物のエネルギー生産過程(クエン酸回路、電子伝達系、酸化的リン酸化)を学ぶ。
  ⑦セントラルドグマ(複製、転写、タンパク質合成)を学ぶ。
  ⑧医薬品の構造と作用機構を学ぶ。

 
授業内容 Course Content
 教員が提供する資料を用いて授業を進める。資料はdotCampusに掲示されているので、各自、プリントして持参すること。
 
授業計画 Course Planning
 講義計画を下に示したが、学生の理解度に応じて変更されることがある。dotCampus上の資料をプリントし、予習したうえで、講義に持参する事。また、dotCampus上の復習問題を解くことで、基本的内容を復習することが出来る。良い教科書が出版されているので、dotCampusの資料にあわせて予習・復習の参考にし、理解を深めることを推奨する。

1.ガイダンスおよび序論:生命とは
 シラバスの記載事項について確認するとともに、受講にあたっての注意を理解する。科学史をたどり、生命現象を考察する。
2.アミノ酸・ペプチド・タンパク質
 代表的生体分子であるアミノ酸、アミノ酸が脱水縮合して出来るペプチド、タンパク質の構造と物性を学ぶ。また、ミオグロビン、ヘモグロビンの構造と機能を例にタンパク質の高次構造と機能を学ぶ。
3.酵素
 体触媒である酵素の概要、速度論的解析法を学ぶ。酵素の立体構造と基質の反応、また、酵素阻害剤とその医薬品への利用を学ぶ。
4.糖質
 生体物質の一種である糖質を学ぶ。
5.脂質と膜
 生体物質の一種である脂質を学ぶ。また、脂質から構成される生体膜の構造と機能を学ぶ。
6.代謝とは
 生体の化学反応の総称「代謝」を概説する。
7.エネルギー代謝
 エネルギー生産に関する代謝を概説する。
8.解糖系
 グルコースからエネルギーを得る代謝を学ぶ。
9.クエン酸回路
 解糖系で産生されるピルビン酸からエネルギーを得る反応を学ぶ。
10.電子伝達系と酸化的リン酸化
 ミトコンドリアにおけるATPの合成生成機構を学ぶ。
11.抗生物質の構造と作用機
 βラクタム系抗生物質を例に構造と作用機構を学ぶ。
12.抗菌剤の構造と作用機構
 キノロン系抗菌剤を例に構造と作用機構を学ぶ。
13.抗ウイルス剤の構造と作用機構
 抗インフルエンザ薬、抗エイズ薬を例に構造と作用機構を学ぶ。
14.抗がん剤の構造と作用機構
 アルキル化剤、代謝拮抗剤を例に構造と作用機構を学ぶ。
15.全体のまとめ・質疑応答
 本講義全体を復習する。質疑応答の時間を設ける。
 
授業運営 Course Management
 講義形式で実施する。必要に応じて理解度確認テストを実施する。
 
評価方法 Evaluation Method
 原則として試験やレポートで評価する。受講生の理解度などから、理解度確認試験が必要であると判断される場合は、複数の試験を実施し評価に加味する。理解度確認試験を実施する場合は、授業中に予告する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 授業後に質問に答える。 授業中に教員の内線番号とメールアドレスをお教えする。メールでの質問も歓迎する。
 

参考書 Book (s) for Reference
『マッキー生化学』[化学同人]
『ヴォート生化学』[東京化学同人]
『ストライヤー基礎生化学』[東京化学同人]
上記の他にも良い教科書があります。
 
 
 
[前へ戻る]