[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国文学概説A
Outline of Chinese Literature A
 担当者
 Instructor
助教   松浦 智子  前学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 ①中国古典の代表的な作品とそれにまつわる人物や事象について歴史の流れにそって理解する。
 ②中国古典読解の基礎を身につけるとともに、中国古典作品を音読できる力を得る。
 ③講義の内容を適切に書きとめる力を身につける。

 
授業内容 Course Content
 「中国」は複雑な様相をもつ。この国を理解するには、その長い歴史のなかで育まれた文化や文学を知る必要がある。そこでこの授業では、古代から近世に移り変わる手前にかけての代表的な作品を、歴史の流れにそってその社会・文化背景とともに見ていく。また、中国語教員免許をとるための必修科目であるこの授業では、作品をみる際に一部中国語による音読を取りいれる。それにより同時に、作品のより深い理解をめざす。
 
授業計画 Course Planning
 この授業では以下の内容を解説していく予定である。ただし、進度により内容や順序が変わることもある。授業ごとに資料を配付するが、とくに作品の和訳や解説については必ず次回の授業までに読みなおし、理解を深めておくこと。

1.シラバスの記載事項について確認。漢字の出現:『易』と甲骨と金文
2.古代のうた:『詩経』と『楚辞』
3.歴史書の「はじまり」:『春秋』と『春秋左氏伝』
4.偉人たちのことば:諸子百家の書(『論語』をはじめとして)
5.歴史書と文学①:始皇帝誕生までの英雄の事跡と物語(『戦国策』と『史記』)
6.歴史書と文学②:始皇帝の事跡と物語(『史記』)
7.歴史書と文学③:項羽と劉邦の事跡と物語(『史記』)
8.中間のまとめと到達度の確認
9.古代の不思議:『山海経』
10.六朝の怪談話:『捜神記』
11.六朝の文人:日本にも影響を与えた陶淵明
12.唐の詩と文①:国際王朝と文学(詩)
13.唐の詩と文②:「安禄山の乱」がもたらした影響(伝奇)
14.唐の詩と文③:近代白話文学への道
15.まとめと試験
 
授業運営 Course Management
 授業は毎回配布する資料にそって内容を解説する講義形式ですすめるが、中国語の学習と学生の積極的な授業参加をうながすため、作品の一部を学生に音読してもらう。また、単元終了ごとに授業内容に関する確認の小テストを、学期末に試験をおこなうため、授業内容をしっかりとノートに書きとめ理解する必要がある。
 
評価方法 Evaluation Method
 小テストを40%、期末の試験を60%として評価する。ただし、3分の2以上の出席を成績評価の前提とする。また、授業中にスマートフォンや携帯などを操作した場合、欠格とする。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日の昼休みと金曜日の16時40分~17時20分。
 

参考書 Book (s) for Reference
 教場で提示する
 
 
 
[前へ戻る]