[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会思想史
- 革命思想の歴史ーロシア革命100年に関連して   History of ideas of "Revolution" -Referring to the Centenary of “Russian Revolution"   -
History of Social Thought 
 担当者
 Instructor
教授   的場 昭弘  後学期 火曜日3時限/火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 革命思想の歴史を理解し、思考の力を養う。すべてを疑うという思考力を陶冶する。

 To bring up the ability to think through the understanding of the ideas of Revolutions.
 I wish "Question everything" were your motto.
 
授業内容 Course Content
革命思想の歴史
今年はロシア革命100年の年である。ロシア革命についてすでに多くのものがひとつの過去の歴史として忘却してしまっている。しかしもういちどロシア革命を再考するべきである。なぜなら、金融危機以後の現在の資本主義システムの危機は深刻化しているからである。本講義はフランス革命から現在の新しい社会運動にいたるほぼ200年の革命思想の歴史をたどることとする。

This year is the centenary of Russian revolution, which most of us had already forgotten as a history. But we should reflect once more about the Russian Revolution, because the crisis of our capitalist system deepens after the financial crisis in 2008. Our lecture follows the history of the ideas of Revolutions from French revolution to the recent new social movement for almost two centuries.


 
 
授業計画 Course Planning
1. 二つの革命 
2. 革命とは何か 
3. マルクスとフランス大革命(「ユダヤ人問題に寄せて」)
4. トックヴィルとフランス大革命
5. アーレントとフュレとフランス大革命
6. 1848年革命
7. パリ・コミューン  
8. ドイツ社会民主党
9. ロシア革命
10. サンジカリズム
11. 一国社会主義と世界革命
12. 革命をめぐる論争
13. 革命の変容
14. 1968年5月革命
15. 新しい革命とは

 
1.Two revolutions French Revolution and Russian Revolution
2. What is Revolution?
3. Marx and French Revolution  
4.Tocqueville and French Revolution
5.Arendt, Furet and French Revolution
6.The Revolution in 1848
7.Paris Commune in 1871
 8.German Democratic Party and Reformism
 9.Russian Revolution
10.Syndicalism
11.Socialism in one country and World Revolution
12.Some controversies on Revolution 
13.Some transformation of Revolution 
14. May Revolution on 1968
15. What is the possibility of Revolution in the future?



 
 
授業運営 Course Management
  ★注意
  この講義は以下のように進めたいと考えています。
  講義は二つのパートに分けようと思います。第一のパートは日本語で行われます。とりわけ講義内容の専門用語と要約の説明です。第二部は英語で行われます。もちろん、講義の最初は、第一部が第二部よりも時間的に長いと思ってください。時間が過ぎてゆくにしたがって、第一部はどんどん短くなります。おそらくですが、学期の最後においては、日本語と英語が1対2の割合になれることを期待しております。

  ★Attention
  I would like to advance my lecture like the following. We would like to divide this lecture into two parts. The first part is held in Japanese. Especially the explication of the technical terms and the summary of the content of my lecture. The second part will be held in English. Of course, at the beginning of the semester, the first one is longer than the second one. As time goes by, the first one will be shorter and shorter. Probably I'm expecting that the ratio of Japanese to English will be 1:2 in the end of the semester. 

 
評価方法 Evaluation Method
 学年末のレポートによる。
 Required to submit a report at the end of the semester
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日 15時から16時 研究室I-623
水曜日 13時から14時 研究室I-623

Tuesday  15h-16h  Bureau I-623
Wednesday  13h-14h  Bureau I-623
 
使用書 Textbook (s)
的場昭弘『革命再考ー資本主義後の世界を想う』[角川書店(角川新書)]2017


 
 
 
[前へ戻る]