[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会思想史
History of Social Thought 
 担当者
 Instructor
教授   的場 昭弘  前学期 火曜日3時限/火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 西欧の近代思想の歴史を理解し、思考の力を養う。すべてを疑うという思考力を陶冶する。
 
 To bring up the ability to think through the understanding of the occidental modern thoughts.
 I wish "Question everything" were your motto.
 
授業内容 Course Content
 本講義の目的は、マルクスの前後の思想に言及することで、西欧の基本的思想の流れを理解することである。マルクスは世界に大きな影響を与え、人間の歴史の転換点を生み出した経済学者、そして哲学者である。彼の思想形成は先人の思想の遺産がなければ不可能であったということは当然である。そして彼の思想がわれわれの思考様式をいまなお多少なりとも規定していることを否定することはできない。マルクスの思想の再読と再考を試みれば、近代思想の意味をより簡単に理解することができよう。

The purpose of my lecture is to understand the flow of occidental fundamental thoughts by referring to the ones before and after Karl Marx. Marx is a great economist and philosopher, who had much influenced upon the world and created the turning point of the history of human being. It is not necessary to say that the creation of his thought should be impossible without the heritages of his precedent ones. And there is no denying that his thought determines anyway the modern style of thinking still more. We could understand more easily the meaning of modern thought, if we try to reread and rethink his works.
 
授業計画 Course Planning
  1. なぜマルクスを今語るか?
 2. マルクス思想の三つの源泉
  3. マルクスとは誰であるか?
  4. マルクスと哲学
  5. ヘーゲルとマルクス  
  6. フォイエルバッハとマルクス
  7. ヘーゲル左派 
  8. マルクスと社会主義
  9. フランス社会主義
10. イギリス社会主義
11. プルードンとマルクス
12. マルクスと政治経済学
13. 古典派経済学とマルクス
14. 『資本論』第一巻
15. 『資本論』第二巻、第三巻



  1. Why must we be back to Marx now? 
  2. Three resources of Marx's thought
  3. What is Marx? His works and his biography
  4. Marx and Philosophy
 5. Hegel and Marx
 6. Feuerbach and Marx
 7. Hegelian Left 
  8. Marx and Socialism
  9. French Socialism
10. British Socialism
11. Proudhon versus Marx
12. Marx and Political Economy
13. National Economy (Classical Economy) and Marx
14. "Capital" First Volume
15. "Capital" Second Volume, Third Volume

 
授業運営 Course Management
  ★注意
  この講義は以下のように進めたいと考えています。
  講義は二つのパートに分けようと思います。第一のパートは日本語で行われます。とりわけ講義内容の専門用語と要約の説明です。第二部は英語で行われます。もちろん、講義の最初は、第一部が第二部よりも時間的に長いと思ってください。時間が過ぎてゆくにしたがって、第一部はどんどん短くなります。おそらくですが、学期の最後においては、日本語と英語が1対2の割合になれることを期待しております。

  ★Attention
  I would like to advance my lecture like the following. We would like to divide this lecture into two parts. The first part is held in Japanese. Especially the explication of the technical terms and the summary of the content of my lecture. The second part will be held in English. Of course, at the beginning of the semester, the first one is longer than the second one. As time goes by, the first one will be shorter and shorter. Probably I'm expecting that the ratio of Japanese to English will be 1:2 in the end of the semester. 


 
評価方法 Evaluation Method
 学年末のレポートによる。
 Required to submit a report at the end of the semester
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日 3時から4時
水曜日 10時30分から12時  研究室 I-623

Tuesday  15h-16h
Wednesday  10h30-12h    Bureau I-623
 
使用書 Textbook (s)
的場昭弘『マルクスを再読する』[角川書店(角川ソフィア文庫)]2017年 3/25刊行


 
 
 
[前へ戻る]