[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
色彩心理学
Color and Psychology
 担当者
 Instructor
教授   吉澤 達也  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義では、1)色とは何か、2)色の知覚の仕組みについて、3)色の効果と応用について理解することを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
私たちは、「色」が身の回りにある“もの”に付随して存在し、それを一つの手がかりにその“もの”が何であるかを判断していると理解している。しかし、色の知覚は心理学現象であり、色を物理的に測定することはできない。この色を感じる仕組みと働き、またその取り扱い方について理解するために必要な基礎を包括的に講義する。
 
授業計画 Course Planning
各回の授業は以下のように予定しているが、内容の関係で多少変更される場合がある。講義中に分からないことは講義後の討論の際に積極的に質問することを勧める。

1.ガイダンス:シラバスの記載事項の確認。本講義の目的、学習方法について説明。
2.色とは何か。(色と光)
3.色を知覚する仕組み:眼の構造と働き
4.色を知覚する仕組み:脳の構造と働き
5.色の表現(1):表色系
6.色の表現(2):輝度、照度、明るさ
7.色の表現(3):混色
8.中間のまとめと中間試験
9.色覚の特性(1):時間的特性
10.色覚の特性(2):空間的特性
11.色の見え方:時間的要因と空間的要因
12.色の個人差:色覚異常と加齢変化
13.色の応用:工学的側面
14.色の応用:文化的・社会的側面
15.全体のまとめ・質疑応答
 
授業運営 Course Management
基本は講義形式で行うが、講義についての後、討論を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
中間試験と定期試験(全体評価の80%)及び、討論内容(全体評価の20%)により評価を行う。
中間試験及び、定期試験では、ノートと資料の持ち込みを可とする。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日15:00~16:00
 
使用書 Textbook (s)
内川惠二『色覚のメカニズム』[朝倉書店(色彩科学選書)]

参考書 Book (s) for Reference
内川惠二編『視覚I』[朝倉書店(講座 感覚・知覚の科学 )]
日本色彩学会編『カラーインライフ』[朝倉書店(色彩科学講座)]

 
 
 
[前へ戻る]