[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
認知心理学
Congnitive Psychology
 担当者
 Instructor
講師   新井 哲也  後学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の目標は、受講者が①認知の働きに関する基礎的な知識を習得することと、②認知心理学の研究手法および心理学における位置づけについて理解することです。
 認知の働きは感覚・知覚の働きと密接に関連しているため、事前に「感覚知覚心理学」を履修しておくと理解が円滑になります。
 
授業内容 Course Content
 認知心理学は、人間の心的な活動のうち、知覚、注意、記憶、思考などの比較的高次な機能を対象とし、これらを情報処理過程と捉えて実証的に研究する分野です。本講義では、認知機能の事例を紹介するとともに、その知見を得るための研究手法についても概説します。また、心理学では観察を重んじるため、受講者自身に現象を体験してもらう機会を設けます。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は以下のように予定していますが、あくまで目安であり、受講者の事前知識や理解度に応じて多少の変更をすることがあります。各講義の前に、ドットキャンパス上に講義資料をアップロードしますので、事前に内容を予習してきてください。また、復習として、紹介した研究例については目的、方法、結果、考察の流れを確認してください。不明な箇所については授業後に質問するほか、心理学辞典や専門書を閲覧して理解に努めてください。詳細については第1回のガイダンスの際に説明しますので、必ず出席してください。

1. ガイダンス:本科目の概要と授業の進め方について(シラバス記載内容の確認)
2. 序説:認知心理学の歴史と心理学における位置づけ
3. 知覚(1):環境から情報を取り入れるための基礎的な仕組み
4. 知覚(2):視知覚の特徴と情報処理過程
5. 注意(1):選択的注意と注意の処理資源
6. 注意(2):視覚的注意と視覚探索過程
7. 記憶(1):記憶の基礎的な働き(短期記憶と長期記憶)
8. 記憶(2):記憶の構成過程と作業記憶
9. 記憶(3):長期記憶の種類と記銘方略
10. 概念:知識の獲得と表象
11. 思考(1):問題解決場面における心理過程
12. 思考(2):不確実場面における意思決定のあり方
13. 発達:認知機能の発達過程
14. 障害:各種の高次脳機能障害とその特徴
15. まとめ:認知心理学の位置づけに関する再考
 
授業運営 Course Management
講義形式で行います。毎回リアクションペーパーの提出を求め、次の回で質問やコメントに対するフィードバックを行います。
 
評価方法 Evaluation Method
リアクションペーパーの内容(40%)、および期末試験の成績(60%)により総合的に評価します。なお、講義を6回以上欠席した者は評価の対象としません。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等は授業終了後、または電子メールにて随時受け付けます。
メールアドレス:arailect@gmail.com
 
使用書 Textbook (s)
使用しません。
参考書 Book (s) for Reference
各回の内容に応じた参考文献を授業内で紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]