[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
感覚知覚心理学
Psychology of Sensation and Perception 
 担当者
 Instructor
教授   吉澤 達也  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義では、感覚知覚研究の知見を学ぶことを通して、計算論に基づいた心の捉え方について理解することを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
 19世紀以来、心理学者は心について研究してきたが、1970年頃、認知科学と呼ばれる研究領域が現れた。この比較的新しい研究領域の特徴は、心をある種の計算とする点にある。感覚器(眼や耳など)への刺激を入力とし、それらを変換したうえで、何かしらの意味を見出し、運動(手伸ばし、把持、障害物回避など)として出力する計算である。こうした考えを共有することで、心理学だけでなく、生理学、コンピュータ科学、言語学、哲学など、異なる背景を持つ人々が心について相互に議論できるようになった。本講義では、認知科学研究のなかから、感覚知覚に関連する研究に焦点をあてる。
 
授業計画 Course Planning
 感覚知覚心理学Ⅰでは、感覚知覚のうち、主に視知覚について扱う。感覚知覚心理学Ⅱへと続くので、感覚知覚心理学Ⅱも履修することが望ましい。
 よく分からない用語や現象があったら、図書館で心理学関連の教科書や辞典を参照し、その説明をノートに書き込んでおこう。試験ではノートが持ち込み可なので、こうした復習が試験対策となる。また、次回の授業内容を予告するので、該当内容について図書館で予習すると理解が深まるだろう。
 各回の授業は以下のように予定しているが、内容の関係で多少変更される場合がある。講義中に分からないことは講義後の討論の際に積極的に質問することを勧める。
1.ガイダンス及び感覚知覚について
2.古典的な知覚理論
3.情報処理理論
4.視覚情報処理機構とその機能:受容野、網膜、視覚野
5.視覚情報処理機構とその特性:空間周波数理論、時空間周波数特性
6.色覚(1):色知覚の3要素、光の物的記述、色の心的記述
7.色覚(2):色の見えと色の恒常性、カテゴリ
8.中間まとめと中間試験
9.明るさの色覚
10.奥行きの知覚
11.方向と距離の知覚
12.動きの知覚(1):運動知覚の時空間特性と高次運動
13.動きの知覚(2):運動知覚に関する諸問題と自己運動知覚
14.形の知覚
15.全体のまとめ・質疑応答
 
授業運営 Course Management
基本は講義形式で行うが、講義についての後、討論を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
中間試験と定期試験(全体評価の80%)及び、討論内容(全体評価の20%)により評価を行う。
中間試験及び、定期試験では、ノートと資料の持ち込みを可とする。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日15:00~16:00
 
使用書 Textbook (s)
菊池正編『感覚知覚心理学』[朝倉書店(朝倉心理学講座)]

参考書 Book (s) for Reference
内川惠二編『視覚I』[朝倉書店(講座 感覚・知覚の科学)]
塩入諭編『視覚II』[朝倉書店(講座 感覚・知覚の科学)]

 
 
 
[前へ戻る]