[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ソフトウェア工学特論
Software Engineering I
 担当者
 Instructor
准教授 内田 智史  前学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 ソフトウェア工学の歴史と内容について理解し、各自が開発するシステム開発において、ソフトウェア工学の各種手法を適用できるようになることである。
 
授業内容 Course Content
 職人的な色彩の強いソフトウェア開発に工学のメスを入れることによって、ソフトウェアの生産性や品質を高めるために、ソフトウェア工学が誕生した。本講では、実践的な側面を重視し、単に講義だけでなく演習を多く取り入れ、ソフトウェア工学が提案するさまざまな手法の有効性などを検討する。ソフトウェア工学特論Iでは、ソフトウェア作成作業やプログラム開発部分に特に焦点を当てて解説する。
 
授業計画 Course Planning
 テキストを読んだ上で出席していることを前提に講義するので、予習として、①各回の該当ページを予め読んでおくこと、②分からない点や疑問点についてまとめておくこと、の2点が不可欠である。また、オブジェクト指向設計を用いた簡易的な事務システムの設計演習を行うので、指示された演習問題をよく読んで理解し、設計を行うことが必要である。

 復習として、授業内容を実際の業務に適用するとどのような展開になるかを考察することを勧める。 

 授業は使用するテキストに沿って以下の内容で行う。

 1.ソフトウェアの性質と開発の課題(1回)
 2.ソフトウェア開発プロセス(1回)
 3.要求分析(1回)
 4.ソフトウェア設計(1回)
 5.プログラミング
  5.1 ウォータフォールトとプロトタイピング(1回)
  5.2 モジュール設計(1回)
  5.3 段階的詳細化(1回)
  5.4 フレームワークの利用(1回)
 6.テストと保守(1回)
 7.オブジェクト指向
  7.1 オブジェクト指向の歴史と基本概念(1回)
  7.2 オブジェクト指向分析(1回)
  7.3 オブジェクト指向設計(1回)
  7.4 オブジェクト指向プログラミング(1回)
  7.5 オブジェクト指向の今後(1回)
 8.ソフトウェア再利用(1回)
 
授業運営 Course Management
 毎回出席を取り、課題を提出させる。C++あるいはJavaなどのプログラミング言語で多少のプログラミングができることを仮定する。ソフトウェア開発に必要なオブジェクト指向の演習も行う。授業内にミニテストを行うこともある。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業中の課題(50%)、ミニテスト(50%)で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 木曜10時30分~12時、23号館431室
メールはいつでも可
 s-uchida@jindai.jp
 
使用書 Textbook (s)
情報処理学会編集『ソフトウェア開発』第1版[オーム社]2003年


 
 
 
[前へ戻る]