[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
都市計画特論
City Planning 
 担当者
 Instructor
教授   山家 京子  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本科目は、受講生が都市調査方法について理解し、報告書としてまとめる技術を習得することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 実施設計を前提とした計画において、敷地周辺状況の把握は重要である。都市調査方法について講述するとともに、具体的なプロジェクトを想定したフィールドワークを実施し、報告書としてまとめる。実施設計における敷地周辺状況の把握等、インターンシップにおける実務経験を補完する性格をもつ。
 
授業計画 Course Planning
1.都市(敷地周辺状況)調査の手法について:
 1)現地踏査
 2)文献調査
 3)統計資料調査
 4)アンケート調査
 5)報告書作成方法
2.都市調査(ケーススタディ):
 6)対象地区の概要
 7)文献調査及び準備作業
 8)現地調査
 9)~ 13)ワークショップ (報告書作成作業)
 14)発表及びディスカッション
 15)まとめ
 
授業運営 Course Management
 前半は講義、後半は都市調査とその結果をまとめるワークショップにより構成される。最終的な成果報告書を授業内で発表し、ディスカッションを行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 最終的な成果報告書に、授業への取組み状況を加味して総合評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は授業時間の後に受け付ける。その他の時間帯は研究室(8‐66A)、またはEメールで(アドレスは授業で通知)。
 

参考書 Book (s) for Reference
 授業の中で紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]