[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築計画特論
Architectural Planning 
 担当者
 Instructor
教授   中井 邦夫  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、1)建築関係法令に基づく実際的な計画上の枠組みに関する基本的な考え方を俯瞰し、それらをふまえた計画上の課題の抽出や条件の整理に不可欠な複眼的視点を養うこと、2)法令知識および、それに基づく建築物やまちづくりに関する手法について学ぶこと、3)実務実習等での体験を合わせ、実施設計および建築確認申請に不可欠な建築計画の能力を養うこと、である。
 
授業内容 Course Content
 授業では、建築設計に必要な計画的思考や手法について、各回のテーマに関連する具体的な事例を参照しつつ、理解を深める。また、建築計画において求められる課題や条件の発見能力を養うために、特定の敷地における課題に基づくグループ・ワークおよびディスカッションを行うとともに、理解度を確認するためのレポートを提出する。各回の講義にあたっては、それぞれのテーマに沿って、設計実務に必要とされる関連知識や技術などの解説を行う。
 
授業計画 Course Planning
 主として次のような授業を行う予定である。ただし内容や構成は変更されることがある。
 予習としては、1)配布された資料を予め読んでくること。2)分からない用語等について自分で調べてみること、の2点が求められる。また復習としては、講義内容をおさらいし、実例に基づいて理解を深めることを勧める。
1.プロローグ
 ・複合技術としての建築計画、実務における建築計画
2.計画の基礎(1)
 ・建築計画の背景(都市の現状、少子高齢化、環境問題、都市化等)
3.計画の基礎(2)
 ・法規制の体系(建築基準法、関連条例、要綱等)と読み方
4.計画の基礎(3)
 ・各種の諸手続きの流れ(確認申請)、事業手法(再開発、区画整理)
5.建築計画(1)
 ・計画原論(規模計画、寸法体系)
6.建築計画(2)
 ・各種施設論、新しいビルディング・タイプ
7.建築計画(3)
 ・コンバージョン、リノベーション
8.住宅地計画(1)
 ・人口密度から見た居住環境
9.住宅地計画(2)
 ・郊外住宅地の系譜、郊外住宅地(低層低密度居住)計画
10.住宅地計画(3)
 ・集合住宅地(高層高密度居住)計画
11.市街地の開発計画と法規
 ・市街地再開発、都市再生等
12.まちづくりの事例紹介 (1)
 ・住宅地を中心としたまちづくり
13.まちづくりの事例紹介 (2)
 ・公共施設を中心としたまちづくり
14.まちづくりの事例紹介 (3)
 ・大規模なまちづくり
15.エピローグ
 ・実社会における計画者又は設計者のあり方
 
授業運営 Course Management
 適宜資料を配布する。数回レポートを提出する。適宜、画像を用いて事例等を解説する。
 
評価方法 Evaluation Method
 各レポートをその内容に基づいてA~Dで評価し、それらの合計により総合評価を行う。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等は講義の前後に適宜受付ける。そのほかは中井研究室(8-67A)で受付ける(月曜3限)。
 
使用書 Textbook (s)
授業内に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
授業内に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]