[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロジスティクス工学特論
Logistics Engineering
 担当者
 Instructor
教授   片桐 英樹  後学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①ロジスティクス工学における代表的な数理モデルを理解し、②現実のロジスティクスに関わる問題を数式でモデル化するとともに、③定式化された問題の解を導出する方法を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
現代のグローバル社会においては、顧客の要求を満たすための効率的・効果的なモノの生産や保管、サービスの提供が求められており、調達、生産から顧客サービスに至るまでの計画・実施を管理するロジスティクスの重要性が高まっている。本講義では、ロジスティクスに関わる代表的な数理モデルと効率的な問題解決法について議論する。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間等の関係で前後する場合もある。 また、受講生の理解度により、項目ごとの時間数は増減することがある。予習として、各回のトピックに関係する用語を自分なりに調べてみること、また復習として、講義時に示した理論・知見をできるだけ身近な事例に当てはめて考察することを勧める。

1.ロジスティクス・システムとは
2.ロジスティクスにおける数理計画モデル
3.数理計画問題の解法1:分枝限定法
4.数理計画問題の解法2:切除平面法
5.在庫管理モデルの概要
6.在庫管理問題の解法
7.配送計画モデルの概要
8.配送計画問題の解法
9.運搬スケジューリングモデルの概要
10.運搬スケジューリング問題の解法
11.スケジューリングモデルの概要
12.スケジューリング問題の解法
13.施設配置モデルの概要
14.施設配置問題の解法
15.トピックスとまとめ
 
授業運営 Course Management
受講生が講義を聴講するだけではなく、セミナー形式で各テーマに関してディスカッションを交えて講義を進める。一部の課題では受講生によるプレゼンも取り入れながら、問題の発見や解決に関する能力向上を意識して進める。
 
評価方法 Evaluation Method
授業での討論内容、レポート課題等で総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で質問等を受け付ける。

 
使用書 Textbook (s)
なし(資料を配布する)
参考書 Book (s) for Reference
久保幹雄『ロジスティクス工学』[朝倉書店]2001
黒田充、村松健児『生産スケジューリング』[朝倉書店]2002
久保幹雄他『あたらしい数理最適化』[近代科学社]2012

 
 
 
[前へ戻る]