[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
計算論理学特論
Computational Logic
 担当者
 Instructor
教授   阿部 吉弘  前学期 月曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
次の項目を最低限の到達目標とする。
(1)ブール代数の演算と、ブール式の標準形への変換・簡約ができる。
(2)オートマトンの動作を理解し、与えられた言語を受理するオートマトンを設計できる。
(3)形式文法になじみ、簡単な文のコンパイルを行える。
(4)関数の再帰(帰納)的構成を理解する。
(5)チューリングマシーンの動作を追跡できる。
(6)日常文の命題論理による形式化と、真理値計算ができる。
(7)日常文の述語論理による形式化ができる。

 
授業内容 Course Content
 計算機科学の数理論理学と関連する基礎事項を概観する。
具体的には、次の事項を取り上げる。
  1.ブール代数
  2.オートマトン
  3.形式文法
  4.再帰(帰納)的関数
  5.チューリングマシーン
  6.命題論理
  7.述語論理
どの項目も初歩段階に限定しており、さらに勉強するための基礎となることを主眼としている。
時間が余ったら、人口知能への述語論理の応用にも触れたい。
 
授業計画 Course Planning
 上記の内容を順番に勉強する。
   1.ブール代数の公理と演算
   2.ブール式の標準形への変形と簡約
   3.論理回路とブール代数
   4.オートマトンの動作と状態図
   5.オートマトンと受理言語
   6.オートマトンと形式文法
   7.再帰的関数の定義
   8.チューリングマシーンの動作
   9.再帰的関数とチューリングマシーンの設計
  10.命題論理を使った形式化
  11.証明と演繹・真理値
  12.命題論理の健全性・無矛盾性・完全性
  13.真理値と推論の検証
  14.述語論理を使った形式化
  15.述語論理のモデル
初回講義時にシラバスの記載事項について確認する。
 
授業運営 Course Management
 受講者が少なければ、輪読を行う。
 受講者が多ければ、教員が内容を説明するが、練習問題は学生に黒板(白板)で解いてもらうことが多い。
 テキストの次回の分を示すので、目を通しておく。
 授業でやった問題は、必ず自分で解きなおしてみる。
 
評価方法 Evaluation Method
 受講者が少なければ、各学生の講義の出来具合で評価する。
 受講者が多ければ、レポートで評価する。また、常時出席している学生で希望する者がいる場合には、期末試験で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜日の12:00~12:30。講師室に来てください。
 
使用書 Textbook (s)
田中尚夫『計算論理入門』第4版[裳華房]2004年


 
 
 
[前へ戻る]