[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
管理情報システム特論
Management Information Systems
 担当者
 Instructor
教授   窪谷 浩人  前学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
企業活動の管理情報は、有効活用のためデータベースシステムによって系統的に企業内で管理されている。本講義では、特定のデータベース・ソフトの利用方法ではなく、データベースやデータベースシステムの根底にある、情報管理の考え方を履修者が身につけ、それらを、さまざまな業務にデータベースを活用し、または、特定の業務用のシステム設計をする際に手がかりとなる基礎力を履修者が身に着けることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
データベースの基本的かつ汎用的な考え方を順次学んでいく。特に、データベースおよびデータベースシステムを、それぞれ、データ構造および検索アルゴリズムの具体例であるとして理解を深める内容とする。
 
授業計画 Course Planning
各回以下の内容を行う。
第1回:データベースシステムの基本概念
    データシステムのデータ管理・データシステムの構成
第2回:データモデリング
    データモデルとは
    データモデルの種類
第3回:リレーショナルデータベース
    リレーショナルデータモデルにおけるデータ構造
第4回:リレーショナルデータベース設計論
    リレーショナルデータベースのスキーマ
    関数従属性・分解
第5回:正規化理論
    正規化とは
第6回:リレーショナルデータベース言語SQL
    基本概念・定義
第7回:アルゴリズム
    アルゴリズムとは
第8回:データ構造(1)
    データ構造とは
第9回:データ構造(2)
    さまざまなデータ構造
第10回:物理的データ格納方式
     レコード・ファイル
第11回:問合せ処理
     問い合わせ処理と最適化
     最適化の方法
第12回:同時実行制御
     同時実行の必要性
     同時実行の方法
第13回:障害回復
     障害の種類
     障害時回復
第14回:オブジェクト指向データベースシステム
     オブジェクト指向データベースとは
第15回:その他のデータベースシステム
     分散型データベース・その他のデータベース
 
授業運営 Course Management
定評のある教科書の該当部分を事前に予習してきてもらい、前半は、履修者の発表形式で内容の確認を行う。後半、各章の演習問題について履修者間で議論する場とする。使用教科書は、講義開始時に相談して決める。
 
評価方法 Evaluation Method
発表および演習問題への取り組みによって評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
時間:水曜日12:20~13:00。場所:6号館6-410研究室。他にも質問等に対応できる時間帯があるので、事前に電子メールまたは講義の前後に確認することを勧める。メールアドレスは、kuboth01@kanagawa-u.ac.jp。
 


 
 
 
[前へ戻る]