[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
振動工学特論
Mechanical Vibration
 担当者
 Instructor
教授   山崎 徹  後学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 工学研究科機械工学専攻のカリキュラム・ポリシーに従い,機械工学の専門分野において身につけておくべき内容を厳選したうえで選択必修科目として設定されている機械力学特論をベースとして,固体の振動から空気の振動,すなわち,音についての取り扱いを厳選した選択科目として学習する.
 本講義の到達目標は、受講生が空気中の音の対象に、①支配方程式、②諸量、③音の伝搬、を理解することなどを通じて、(a)空気中の音を物理数学により捉える能力、(b)任意の空間における音の伝搬を想像する能力、(c)エンジニアとして習得すべき音の捉え方、を身につけられることである。

 
授業内容 Course Content
 この講義では、後掲の使用書を用いて、空気中の音の捉え方、音に関する諸量、音の伝搬を理解する。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は,一応は以下を予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある(カッコ内は後掲使用書の章および節番号を示す)。
1 ガイダンス/全体像と準備
  まず、シラバスの記載事項について確認する。そのうえ、身近な音について考えてもらう。

2 音波(その1)(第1章)
  音波の方程式の導出(1.1節)、方程式の代表的な解である平面波(1.2節)および球面波(1.3節)について学ぶ。

3 音波(その2)(第1章)
  平面波(1.2節)および球面波(1.3節)の複素数表示(1.4節)について学ぶ。

4 音に関する諸量と単位(第2章)
  音に関する諸量と単位(2.1節)、音響エネルギーと音響エネルギー密度(2.2節)、音響インテンシティ(2.3節)、音響インピーダンス(2.4節)、デシベル(2.5節)について学ぶ。

5 音の放射(その1)(第3章)
  単音源(3.1節)、2重音源(3.2節)による音の放射について学ぶ。

6 音の放射(その2)(第3章)
  無限大剛平面内の円形ピストンによる音の放射(3.3節) について学ぶ。

7 音の放射(その3)(第3章)
  平板の曲げ振動による音の放射(3.4節)について学ぶ。

8 管内の音波の伝搬 (その1)(第4章)
  長方形断面間の場合(4.1節)、円形断面管の場合(4.2節)平面波の管内伝搬(4.3節)について学ぶ。

9 管内の音波の伝搬 (その2)(第4章)
  消音器(4.4節)、ホーン(4.5節)について学ぶ。

10 室内音響(その1)(第5章)
  拡散音場における残響時間(5.1節)、アイリングの式(5.2節)について学ぶ。

11 室内音響(その2)(第5章)
  空気中の音の減衰の影響(5.3節)、直接音と残響音(5.4節)、直方体室内空気の固有振動の個数(5.5節)について学ぶ。

12 吸音(その1)(第6章)
  吸音率と音響インピーダンスの関係(6.1節)、多孔性吸音材の吸音率と流れ抵抗の関係(6.2節)、あなあき板の吸音特性 (6.3節)について学ぶ。

13 吸音(その2)(第6章)
  音響材料の垂直入射吸音率の測定方法(6.4節)、残響室を用いる吸音率の測定(6.5節)について学ぶ。

14 遮音(その1)(第7章)
  平面波音場の場合(7.1節)、拡散音場の場合(7.2節)、コインシデンス効果(7.3節)について学ぶ。

15 遮音(その2)(第7章)
  隣り合う2室の間の音の伝達(7.4節)。2重壁の伝達損失(7.5節)、塀による遮音(7.6節)について学ぶ。
 
授業運営 Course Management
使用書をそのまま用いて、以下の【予習】-【講義】-【復習】を念頭に、講義を進める。
(1)【予習】学生は次回の講義内容の該当部を事前に読み、当該部の概要およびポイント、分からない箇所を明確化してくる。
(2)【講義】学生は、当該部の概要およびポイントを発表する。
(3)【講義】教員は、概要、ポイントを示すと共に、学生からの質問に応える。
(4)【復習】行間を埋める数式展開をレポートとして提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
 【復習】で提出したレポート、各章を1ページで要約したレポート(最終回に提出)により評価する。出席状況は評価の対象としないが、講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 居室23-510もしくは研究室23-502にて質問などを受け付ける。またメールtoru@kanagawa-u.ac.jpおよび講義後にも受け付ける。

 
使用書 Textbook (s)
大野進一、山崎徹『機械音響工学』[森北出版]


 
 
 
[前へ戻る]