[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
近世史料学特論
Early Modern  Japanese History 
 担当者
 Instructor
教授   田上 繁  前学期 火曜日7時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①これまで日本近世史研究を長く主導してきた理論的枠組みである「幕藩制構造論」を理解した上で、その問題点や矛盾点を把握すること、②従来の理論先行の研究を克服し、原文書の精密な分析を通して理論体系を組み立てることの重要性を確認すること、③そのためにも、支配文書や地方文書の内容を正確に読み取り、解釈する能力を養うこと、④通説が高く評価している「太閤検地」の再検討を行い、石高=生産高説に代わる石高の性格づけにより、新たな論理を導き出す可能性を理解すること、等々を通じて、時代区分論をも含めた日本近世史像の再構築を視野に入れる力を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 近年、日本近世史の研究分野においては、従来の通説や定説といったものが根底から見直されている。特に豊臣秀吉の「太閤検地」についての評価が大きく変わってきた。高校日本史教科書の近世部分の記述で、秀吉の政策として最初に出てくるのが「検地と刀狩」であることからも分かるように、日本近世史を理解しようとする場合、秀吉の土地政策・百姓支配のあり方が重要な課題となる。また、「村請制」による村の年貢や諸役の負担についても、これまでは領主権力の強さばかりが強調されてきたが、必ずしもそのような評価はできず、新たな視点からの「村請制」の性格づけが必要となっている。
 本講義では、このような日本近世史の研究動向を踏まえ、土地・年貢制度を中心とする近世文書、特に地域に伝存する地方文書を取り上げ、それらを解読し理解することによって受講者とともに通説の克服を試みる。と同時に、文書の成立事情や伝来系統を念頭に置きつつ、その内容・形態・機能等を分析し、実証分析に耐えうる文書の性格を確定していく。その場合、地方文書の写真コピーを利用しながら講義を進めるので、地域の文書調査に参加してもらうこともある。
 
授業計画 Course Planning
 日本近世史に関する先行研究を読み合わせるとともに、近世社会を理解する上で必要な地方文書の写真コピーを読み進める。

1.近世史料学の研究領域
   近世史料学特論の研究領域とその方法論について説明する。
2.検地に関する高校日本史教科書の問題点
   従来の近世検地に関する性格付けの矛盾点を確認する。
3.本百体制規定に関する高校日本史教科書の問題点
   本百姓体制といわれてきた近世の百姓の捉え方を見直す。
4.身分構成に関する高校日本史教科書の問題点
   近世社会は人口の約80%が百姓であったという捉え方の矛盾を見直す。
5.和歌山藩の土地制度
   和歌山藩の検地の内容を検証し、「太閤検地」との比較検討を試みる。                  
6.石高=生産高の矛盾点
   和歌山藩の検地帳の分析を通して石高=生産高の矛盾点を指摘する。
7.和歌山藩地方巧者大畑才蔵著の「地方の聞書」の解読
   地方巧者大畑佐蔵著「地方の聞書」から石高と免の意味を探る。
8.地方巧者大畑才蔵の石高の捉え方
   「地方の聞書」に記述されている石高の性格を理解する。              
9.地方巧者大畑才蔵の免の捉え方
   「地方の聞書」に記載されている免の意味を理解する。
10.大山崎離宮八幡宮領の土地制度
   大山崎離宮八幡宮領における三つの石高の性格を理解する。
11.大山崎離宮八幡宮領の年貢・諸掛かりの性格
   大山崎離宮八幡宮領の年貢・諸掛かりの性格を捉え直す。  
12.大山崎離宮八幡宮領の神田管理の実態
   大山崎八幡宮における神田管理の実態を把握する。  
13.大山崎離宮八幡宮の若衆中の性格
   大山崎離宮八幡宮の若衆中とその職掌の内容を理解する。
14.大山崎離宮八幡宮の社家の土地経営
   大山崎離宮八幡宮の中核を担う社家の土地経営を分析する。
15. 総括
   近世史料学特論Ⅱの講義内容を総括する。 
 
授業運営 Course Management
 特定のテキストは使用しない。適宜配付する史料や論文のコピーをテキスト代わりとして、受講者の発表および討議形式で進める。
 
評価方法 Evaluation Method
 平常点とレポート等で判定する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 授業中に指示する。
 

参考書 Book (s) for Reference
田上繁ほか『奥能登と時国家 研究編1』[平凡社]1994年
田上繁ほか『日本地域社会の歴史と民俗』[雄山閣]2003年

 
 
 
[前へ戻る]