[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
財務会計論特講
Advanced Studies in Financial Accounting
 担当者
 Instructor
教授   照屋 行雄  前学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①財務会計の理論的構造(概念フレームワーク)を正しく理解すること、②企業会計制度の役割や特徴を体系的に理解すること、③会計事象に対する関心を高め、会計トピックスを読む基本的能力を確保すること、におかれる。



 
授業内容 Course Content
 企業の外部利害関係者に対する財務報告を目的とする財務会計について、その理論的構造と制度的問題を研究する。理論的構造の考察に当たっては、企業会計の真実性とは何かということを究明することに焦点を当てる。また、制度的問題の検討に当たっては、今日進められている財務会計制度の変革について、その基礎をなす重要な概念やアプローチを中心に考察する。
 予習としては、指定された教科書や資料を授業回ごとに事前によく読んで、授業当日の学修に備えること。特に、報告担当の項目については事前の十分な研究を行い、質疑応答に応えられるようにすること。また、復習としては、授業回ごとに教科書や学修内容を再度確認して、内容の理解を確かなものにしておくこと。

 
授業計画 Course Planning
 本講義の内容は、次のとおりである。
1 会計原則の理論的構造
  授業の開始に当たり、シラバスの記載事項についての確認を行う。 
2 会計ドクトリンと会計基準
3 真実性の原則の機能
4 経理自由の前提と継続性の原則
5 保守主義の原則の理論的性格
6 真実性の原則と保守主義の原則
7 財務会計基準と概念フレームワーク
8 アメリカFASBの概念フレームワーク
9 会計基準の国際的コンバージェンス
10 IAS/IFRSの役割と開発プロセス
11 金融商品の時価評価
12 時価評価と企業会計上の利益
13 固定資産の減損会計
14 企業結合会計の基本概念
15 企業結合会計基準の体系と比較




 
授業運営 Course Management

 テキストを指定して、その内容に即して上記の項目について研究する。授業は、報告の担当章を割り当て、報告のための骨子(レジュメ)を準備して、受講生の自主的な研究参加の方式で行うこととする。研究に当たっては、単に制度的・手続的な理解に終始することなく、企業会計の論理や構造を体系的に修得することに焦点をあてることとする。



 
評価方法 Evaluation Method
 成績の評価は、①講義中の受講態度等、②テーマに対する研究状況、および③レポートの提出状況を総合して評価する。配点は、原則として①が30%、②が40%、および③が30%の割合とする。




 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問や相談等は、随時、教室または研究室で受け付ける。


 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
照屋行雄『企業会計の構造』[税務経理協会]初版
その他の参考書については、授業中に適宜指示する。
 
 
 
[前へ戻る]