[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
空調設備
Air Conditioning Systems 
 担当者
 Instructor
教授   奥山 博康  後学期 木曜日3時限
助教   吉浦 温雅  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

学習の教育目標 Educational Targets for Learning
建築:B、C、D
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、空気調和設備(冷房・暖房・換気・調湿)の基礎、空調設備計画、空調負荷計算法、熱源機器などの基礎的内容、各種空調方式、搬送設備、室内の吹出口・吸込口、ダクトと配管、省エネルギー対策、地球環境負荷削減対策を身につけることである。

 
授業内容 Course Content
 建物の室内温熱・空気環境(気温・湿度・気流・放射・空気清浄度)を調節するための空気調和設備(冷房・暖房・換気・調湿)について学修する。まず、空気調和の基礎、空調設備計画、空調負荷計算法、熱源機器などの基礎的内容について講述する。次いで、各種空調方式、搬送設備、室内の吹出口・吸込口等について学修し、最後に省エネルギー対策、地球環境負荷削減における空調設備、各種建築設備との関連について講述する。
 
授業計画 Course Planning
 本講義は、事務所建築を対象に空調設備の基礎事項について講義する。講義の進行の都合で内容が前後する場合もある。予習→講義→復習を1週間のサイクルとして、毎週予習・復習を行うこと。予習については、教科書の該当ページを読んでくること、1年次科目の「建築の設備」の教科書やノートを復習することが重要である。復習は、授業中に作成したノートの整理と読み直し、授業で指示する例題や宿題の実施などである。自習問題を授業中に配布することもあるので、有効に活用されたい。

1.建築計画と空調設備
2.空気調和の基礎と原理
 (1)空調設備の機器構成
 (2)空調設備における空気の流れと熱の流れ
3.各種空調方式
4.空調負荷計算
5.空調過程と空気の状態
6.冷房時・暖房時の空気線図の使い方
7.熱源設備の基礎
 (1)ボイラー
 (2)冷凍方式と冷凍原理
 (3)複合熱源
8.熱源設備の概要
 (1)圧縮式冷凍機
 (2)吸収式冷凍機
 (3)冷却塔
9.吹出口・吸込口と室内空気分布
10.ダクト設計と送風機
11.配管設計とポンプ
12.各種空調方式と熱源システム
13.エネルギー利用計画
14.空調設備と省エネルギー
 (1)省エネルギー対策と建築計画・空調設備計画
 (2)省エネルギー基準
15.空調設備と地球環境負荷
 (1)地球環境負荷の多様性と構成要素
 (2)建築の一生涯と地球環境負荷
 (3)地球環境負荷の評価と建築設備との関わり

 
授業運営 Course Management
 本講義では同時期に開講される「建築環境工学II及び演習」と関連づけて講述するので、同時に受講することをお勧めする。また、「建築環境工学I及び演習」、「給排水衛生設備」をも履修しておくことが望ましい。講義中または宿題として演習問題を十数題課す。
 講義中に演習を行うので関数電卓、三角定規(小さいものでよい)、赤・青の筆記道具を毎回持参すること。
 本科目にて空調設備を効率よく修得するためには、予習・授業・復習が特に重要である。毎回の授業の目的、学習目標、復習項目、次回の予習項目などは初回授業と毎回の授業にて詳しく紹介する。

 
評価方法 Evaluation Method
 成績評価は講義時間中に行う小テスト(20%)と期末試験(80%)で行う。原則として出席が80%に満たない場合には評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は、講義中または講義時間以外では、水曜と金曜日と土曜を除き12:00~13:00に8号館-56号室でも受け付ける。さらにメールでも受け付ける。

 
使用書 Textbook (s)
田中俊六・他『最新建築設備工学』改訂版第7刷[井上書院]2016年2月

参考書 Book (s) for Reference
空気調和・衛生工学会編『空気調和・衛生工学会便覧 第2・3巻』第14版[空気調和・衛生工学会]2010年
空気調和・衛生工学会編『空気調和設備計画設計の実務の知識』第3版第3刷2012年6月

 
 
 
[前へ戻る]