[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
制度会計論
Institutional Accounting Theory
 担当者
 Instructor
准教授 大田 博樹  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①企業会計の慣習規範としての会計原則・基準の役割と体系を正しく理解すること、②日本の企業会計制度の仕組みと特徴を全体として理解すること、③個別・連結財務諸表の制度を理解し情報開示様式を修得すること、④企業会計の国際的な動向を概括的に知り、公表会計情報を分析する基礎的能力を獲得すること、におかれる。
 経営学部のカリキュラム・ポリシーに従い会計関係の科目では1年生で履修する「会計の基礎」から始まり、様々な会計科目を配置している。本講義は、「会計の基礎」や「会計学原理」、「簿記原理」で学んだ基礎知識を再確認するとともに、今後、会計関係の学習に必要な基本的な知識を身につけるための科目となる。
 
授業内容 Course Content
 現代会計学の基本原理と会計制度の構造を講義する。「会計学原理」で学んだ内容を基礎に、さらに財務諸表の作成に関する基礎的知識を中心に学修する。 授業の範囲は、企業会計の基礎概念から財務諸表論までとするため、会計記録(簿記)の領域については基本的に除外する。したがって、簿記の演習問題を授業の中で説明することはほとんどない。
 講義前の準備としては、日常的に新聞等を読み会計関連の記事に関心を持つことに加え、「会計学原理」での学修内容を再度確認することが望まれる。また復習としては、授業回ごとに学修内容を確認して、内容の理解を確かなものにしておくこと。
 
授業計画 Course Planning
 本講義では、テーマごとに講義を進めていく。なお、時間の関係で授業内容は若干前後することがある。

1.イントロダクション:本講義の紹介、日程、成績評価等の確認
2.制度会計の概要:財務会計の体系と制度会計について学習する
3.制度会計の領域と課題:企業会計制度の特質と構造について学習する
4.会計原則の形成と発展:企業会計の基本構造と会計原則について学習する
5.金融商品取引法会計と会社法会計:2つの会計の目的と財務諸表について学習する
6.連結財務諸表(1):連結会計制度の意義と作成プロセスについて学習する
7.連結財務諸表(2):包括利益について学習する
8.国際会計基準(1):国際会計基準の概要と基本的な考え方について学習する
9.国際会計基準(2):日本と国際会計基準の相違点について学習し、日本への影響について考察する
10.減損会計:減損会計の概要と財務諸表への影響について学習する
11.退職給付会計:退職給付会計の概要と財務諸表への影響について学習する
12.法人税と税効果会計:法人税の概要と税効果会計の仕組みについて学習する
13 .非制度会計:環境会計やCSR会計など非制度会計の概要と今後の展開について学習する
14 .統合報告書の意義と課題:財務情報と非財務情報の統合の可能性について学習する
15 .まとめ:これまでの学習内容の総復習を行なう
 
授業運営 Course Management
 授業の運営にあたっては、最初に講義内容の骨子を板書等によって提示する。説明の都合と学ぶべき内容の整理に役立てるためである。理論的な科目はとかく単調な講義になりやすいので、会計関連 のトピックスを取り上げて解説したり、必要に応じて外部の専門家をゲストスピーカーとして迎えたり映像資料を使用したりするなど、変化のあるものにするべく創意工夫したい。
 
評価方法 Evaluation Method
授業内での課題20%と学期末試験80%の結果で行なう。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問は講義中または講義後に受け付ける。
 

参考書 Book (s) for Reference
伊藤邦雄『新・現代会計学』第2版[日本経済新聞出版社]2016年

 
 
 
[前へ戻る]