[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
アジア経済論
Asian Economy 
 担当者
 Instructor
講師   内橋 賢悟  前学期 木曜日4時限/木曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 今日,米国の影響下にある各国政府が乗り越えるべき今日の課題,それは急速に広がる経済のグローバル化,市場中心主義への対応策としていかに主体的な政策選択を行使し得るかという一言に集約されるが,その「負の先駆例」が,第二次大戦後まもない韓国において示されていた。米国の軍事的・政治的世界戦略の一環として導入された「制度移植」の試みがそれである。当時,米国は自国型市場モデルとその理念を韓国に移し植えるべく,韓国政府に現行諸制度の「改革」を強く迫っていた。しかし,一国の諸制度をモデル化して他国の経済社会に定着させようとするこの試みは容易に所期の目的を達成することができず,複雑な経緯を経て最終的には「挫折」するに至り,1960年代以降の特恵財閥主導の経済発展(いわゆる「漢江の奇跡」)をもたらす要因となった。「制度移植」挫折に基づいて韓国型経済成長モデルが機能したものの,それが「所有と経営の未分離」を特質とする閉鎖性を生み出したわけである。やがて米国型市場主義「移植」の試みとその挫折・失敗が,韓国政府をして自国の経済過程への大小の介入を常態化させ,韓国国内のマクロ的動態を意図せざる結果へと導くに至る。今日,世界市場を席巻する韓国財閥の経営統治機構が米国型市場主義「移植」の挫折にあることに重視し,韓国経済の原動力をなすに至る背景を,経済政策の実証的分析を駆使しながら,明らかにしていきたい。
 
授業内容 Course Content
 1960年代以降,韓国経済は「所有と経営の未分離」を特質とする特恵財閥主導の経済発展(いわゆる「漢江の奇跡」)をもたらした。この手法は,米国が自国型経済システムの対韓「制度移植」を行ったものの挫折を余儀なくされ、生み出された現象であるとの見方が可能になる。やがて米国型市場主義「移植」の試みとその挫折・失敗が,韓国政府をして自国の経済過程への大小の介入を常態化させ、韓国国内のマクロ的動態を意図せざる結果へと導くに至る、今日、世界市場を席巻する韓国財閥の経営統治機構が米国型至市場主義「移植」の挫折にあることに重視し、韓国経済の原動力をなすに至る背景を、主に経済政策史的側面を通じて、明らかにしていきたい。
 
授業計画 Course Planning
第1回 アジア経済論を学ぶにあたって
第2回 世界経済の構造変化と東アジアの経済発展
第3回 アジアの工業化・近代化に関する方法論的アプローチ
第4回 第二次世界大戦後の資本蓄積過程
第5回 基幹工業の発展に伴う輸出志向型工業化政策の展開
第6回 アジア諸国における圧縮型経済発展の成長モデル
第7回 アジア型経済発展のレギュラシオン理論
第8回 アジア経済の制度論的ミクロ・マクロ・ループ
第9回 アジアの国際貿易にみる制度補完性
第10回 韓国型企業ガバナンス統治の特異性
第11回 韓国型金融システムの変遷
第12回 韓国型雇用システムの特異性
第13回 韓国の自由貿易主義
第14回 韓国経済にみる所得分配と社会的再生産
第15回 グローバル化がもたらした韓国経済の光と影
 
授業運営 Course Management
 講義は板書による手法が主流を占めることになるが、他に討論もしくは議論のために必要な時間を設定する予定である。講義終了後。講義内容に関する質問を受け付けます。質問回答は成績の加点要素になるが、質問内容が優れている学生の場合はその限りではない。
 
評価方法 Evaluation Method
1.期末試験の点数により成績を評価する。自筆ノートのみ持ち込み可。
2.4回以上欠席した場合は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 講義終了後、講師控室で質問を受け付けます。
 
使用書 Textbook (s)
使用書を用いる必要はありません。
参考書 Book (s) for Reference
内橋賢悟『50‐60年代の韓国金融改革と財閥形成―「制度移植」の思わざる結果』[株式会社 新評論]2008年

 
 
 
[前へ戻る]