[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
情報セキュリティ特論
Special Topics of Information Security
 担当者
 Instructor
教授   松尾 和人  後学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
情報セキュリティ技術は他の技術分野とは多くの面で異なる知識や発想が求められる。本講義の到達目標は、受講者が、情報セキュリティの基盤技術である暗号の基礎と最新の動向を学ぶことで、電子社会における情報セキュリティの実現に必要な基礎知識と発想方法を理解することにある。
 
授業内容 Course Content
情報セキュリティの基盤技術として不可欠な役割を持つ、現代暗号の原理と機能を学ぶ。また、その際に必要となる、整数論などの数理的な知識について学び、さらにPKIや鍵管理等の現実社会に於ける情報セキュリティの実現についても学修する。
 
授業計画 Course Planning
1 ガイダンス:情報セキュリティと暗号
2 暗号理論の基礎
3 シーザ暗号と換字暗号
4 換字暗号の改良と転置式暗号
5 解読不能な暗号
6 現代暗号
7 ハッシュ関数
8 公開鍵暗号
9 現代暗号の安全性
10 公開鍵暗号の安全性
11 暗号の利用
12 ディジタル署名
13 PKI
14 鍵管理
15 ネットワーク上の鍵管理
 
授業運営 Course Management
輪講形式による。受講者は使用書の担当部分について事前に調査し、授業中に内容の解説を行う。また、内容に関連した口頭試問に回答する。担当者以外の受講者も積極的に質問することが求められる。また、教員による内容補足の講義を適宜取り入れる。
 
評価方法 Evaluation Method
課題レポートの得点と講義担当部分の内容の理解度・調査量・解説の品質に質問等の受講状況を加味して総合的に評価する。講義を4回以上欠席したものは評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
初回の講義時に指示する。
 
使用書 Textbook (s)
F. Piper, S. Murphy,Cryptography: A Very Short Introduction,Oxford U.P.,2001

参考書 Book (s) for Reference
A. Menezes, P. van Oorschot, S. Vanstone,Handobook of Applied Cryptography,CRC Press,1996
その他、授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]