[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
分子構造決定法基礎
Basics in Determination of Molecular Structure
 担当者
 Instructor
教授   山口 和夫  後学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①分子構造決定法の概論を学ぶこと、②分子構造を決定するための4つの方法、紫外可視分光法(UV-vis)、赤外分光法(IR)、質量分析法(MS)、核磁気共鳴分光法(NMR)の基礎を学ぶこと、③分子構造決定のためのそれぞれの方法のスペクトルからどのような情報が得られるかについて学ぶこと、④4つの方法のスペクトルから得られる情報を総合して、分子構造を決定する方法を学ぶこと、等々を通じて、分子構造を決定するための方法論の基礎を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 分子構造の決定によく用いられる4つの方法、1)紫外可視分光法、2)赤外分光法、3)質量分析法、4)核磁気共鳴分光法について、その簡単な原理、測定法、及び得られる情報を講義する。また、有機化合物のスペクトルチャートからその分子構造を決定することができるように演習問題を繰り返し行う。
 
授業計画 Course Planning
 本講義では、配布資料を読んだ上で出席することを前提に講義するので、予習として、各回の該当部分を予め読んでくること、が不可欠である。
 また、復習としては、講義時間の最後に行なった演習問題を読み返し、自分の解答について再考しておくことを、勧める。
1.スペクトル法の概論
2.紫外分光法(UV)の原理と測定法、および有機化合物の紫外吸収特性
3.赤外分光法(IR)の原理と測定法
4.IRにおける特性吸収帯
5.質量分析法(MS)の原理と測定法
6.MSにおける分子イオンピーク
7.MSにおけるフラグメントピーク
8.核磁気共鳴分光法(NMR)の原理と測定法
9.NMRにおける化学シフト1(σ結合電子による遮蔽効果)と積分
10.NMRにおける化学シフト2(π結合電子による遮蔽効果と反遮蔽効果)
11.NMRにおけるスピンースピン結合
12.各種スペクトルによる化合物の同定1(NMRスペクトルの化学シフトと積分から)
13.各種スペクトルによる化合物の同定2(NMRスペクトルの化学シフトと積分とスピンースピン結合から)
14.各種スペクトルによる化合物の同定3(NMRスペクトル、IRスペクトルから)
15.各種スペクトルによる化合物の同定4(NMRスペクトル、IRスペクトル、MSスペクトルから)

 
授業運営 Course Management
1.毎回、講義の最後に演習問題をやり(20~30分程度)、次回の最初に問題の解答を行う。
2.スペクトル法の原理については、できるだけ短く簡潔に解説する。
3.測定法については、簡単に触れるだけにする。
4.全体の半分くらいの時間をかけて、NMRを重点的に解説する。
 
評価方法 Evaluation Method
定期試験で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問等は、随時、教室または研究室で受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
演習問題など適宜プリントを用いる。
参考書 Book (s) for Reference
竹内敬人訳『プログラム学習NMR入門』第5版[講談社]
山本修・益子洋一郎・荒木峻訳『有機化合物のスペクトル法による同定法』[東京化学同人]
竹内敬人・山口和夫『有機化学演習(化学入門コース/演習3)』[岩波書店]

 
 
 
[前へ戻る]