[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
高分子合成特論
Advanced Polymer Syntheses
 担当者
 Instructor
教授   山口 和夫  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①アニオン重合、配位重合、カチオン重合、ラジカル重合等の連鎖重合法の基礎を学ぶこと、②縮合重合、重付加反応等の逐次重合法の基礎を学ぶこと、③リビングラジカル重合とクリックケミストリーの最新の動向について学ぶこと、等々を通じて高分子合成の基礎と最先端の知識を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 高分子合成の基礎と最近の進歩について、講義する、前半では、アニオン重合、配位重合、カチオン重合、ラジカル重合などの連鎖重合法、および、縮合重合、重付加反応、その他の高分子合成法について、解説する。後半では、特に近年進歩の著しいリビング重合法とクリックケミストリーに焦点を絞り、反応の制御と生成高分子の構造制御について可能性と限界について解説する。また、受講生にリビング重合法とクリックケミストリーに関する最近の英語の原著論文を読んでもらい、その内容について発表してもらう。その内容について質問・議論をすることによって、内容の理解を深める。
 
授業計画 Course Planning
 配付資料を読んだ上で出席することを前提に講義するので、予習として、各回の該当部分を予め読んでくることが、不可欠である。また、最後の4回では原著論文を紹介することになるので、まず論文を読み、紹介する内容についての配付資料を準備しなければならない。
 また、復習としては、前回の講義の部分の配付資料に目を通し、不明な点があればそれをまとめておくことを勧める。必要ならば次回の講義で質問してもらって構わない。
1.高分子合成の全体像
   各種高分子合成反応の特徴と構造、物性、材料等との関係などを講義する
2.ラジカル重合
   その特徴、開始、成長、移動、停止の各素反応、およびリビングラジカル重合について講義する
3.イオン重合
   アニオン重合とカチオン重合の特徴、およびリビング重合と生成するポリマーの特徴的構造について講義する
4.配位重合
   その歴史的発展過程、反応機構、製造プロセス、生成するポリマーの立体規則性について講義する
5.逐次重合
   逐次重合の代表的な例として、ポリアミド、ポリエステル、ポリイミドなどを与える各種縮合重合および重付加反応について  講義する
6.その他の重合
   開環メタセシス重合、GTP、イモータル重合および高分子反応〔架橋、分解、RIMなど)について講義する
7.リビングラジカル重合(1)
   リビングラジカル重合法の開発の歴史を、他のリビング重合法も交えながら、講義する
8.リビングラジカル重合(2)
   リビングラジカル重合法の最近の進歩について講義する
9.クリックケミストリー
   クリックケミストリーの基礎と、種々の分野へのおうようれいについて、講義する
10. リビングラジカル重合とクリックケミストリーを組み合わせた機能性材料の創製(1)
   様々な機能を持つ材料の合成法について、講義する
11. リビングラジカル重合とクリックケミストリーを組み合わせた機能性材料の創製(2)
   様々な機能を持つ材料の評価法について、講義する
12-15. リビングラジカル重合とクリックケミストリーを組み合わせた機能性材料の創製に関する文献紹介(1)ー(4)
  7回目から11回目で講義した内容に関連する原著論文について、受講生に紹介してらい、その内容について、教員、受講生全員 で議論し、評価する
 
授業運営 Course Management
1-11回目。パワーポイントを使って講義する。
12-15回目。7-11回目の講義内容に関連した原著論文(英語)を各学生が選び、熟読の上、その内容をパワーポイントで発表する。発表者は、発表内容について、山口、他の学生からの質問、コメントに対して答える。
パワーポイントの内容、原著論文の全訳をレポートとして提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
発表(50%)、レポート(50%)で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問などは、随時、教室または教授室で受け付ける。
 

参考書 Book (s) for Reference
野瀬卓平、中濱精一、宮田清蔵/編『大学院高分子科学』[講談社サイエンティフィク]1997
Graeme Moad and David H. Solomon,The Chemistry of Radical Polymerization,Second fully revised edition,Elsevier,2006

 
 
 
[前へ戻る]