[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
構造化学特論
Advanced Structural Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   天野 力  後学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 受講生は結晶によるX線の回折データからどのようにして晶系、ブラベ格子(格子定数)、空間群、結晶構造(分子構造)が決定または推定されるかが理解できるようになる。また結果の信頼性の評価ができるようになる。

 
授業内容 Course Content
 結晶によるX線の回折現象からどのような数学的方法と推論により結晶構造が求められるかをテキストを読んで理解する。
 
授業計画 Course Planning
予習として各回の該当ページを読んでくること、わからない用語についてまず考えて後、調べてくることが必要である。復習としてレポートの一部を書くつもりでまとめてみることが不可欠である。

1 物体からのX線の回折
  結晶によるX線の回折現象を学ぶ。
2 結晶構造因子
  結晶構造因子は結晶構造を決める大切な量であることを学ぶ。
3 逆格子と逆結晶
  結晶によるX線の回折現象は逆格子と逆結晶により簡潔に表現されることを学ぶ。
4 結晶の対称性
  結晶構造を対称性により表現することを学ぶ。
5 消滅則
  複合格子による回折の消滅則を学ぶ。
6 空間群
  結晶構造の対称性による自然な表現である空間群を学ぶ。
7 4軸型単結晶回折計
  4軸型単結晶回折計と逆格子の関係の幾何学を学ぶ。
8 晶系とブラベ格子の決定
  初期回折データからセッティングパラメータ、逆格子の決定を学ぶ。
9 空間群の決定
  消滅則から空間群を決定する方法を学ぶ。
10 結晶解析の手始め 
  結晶解析を始めるに当たり準備すべき情報を学ぶ。
11 重原子法
  結晶解析の一方法である重原子法を学ぶ。
12 パターソン関数法
  結晶解析の一方法であるパターソン関数法を学ぶ。
13 直接法の原理
  結晶構造因子の位相を決める原理を学ぶ。
14 直接法の実際
  直接法を実行するための初期位相の推定、および結晶構造因子の位相と空間群の関係を学ぶ。
15 結晶構造因子とフーリエ変換
  結晶構造は結晶構造因子のフーリエ変換であることを学ぶ。
  X線の回折の測定と解析からどのようにして晶系、ブラベ格子、空間群、結晶構造が決められるかという問題に関してレポー
  トを作成する。

 
授業運営 Course Management
 輪講形式、すなわち、あらかじめテキストを読んで重点をまとめておき、それを発表する形式で行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 発表と質疑応答(50%)、およびレポート(50%)により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 授業中に演習室にて随時受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
桜井敏雄『X線結晶解析の手引き』第9版[裳華房(応用物理学選書)]1994年

参考書 Book (s) for Reference
角田正夫・笹田義夫『X線解析入門』第3版[東京化学同人]1993

 
 
 
[前へ戻る]