[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
多国籍企業論特講
Advanced Studies in Multinational Enterprises
 担当者
 Instructor
教授   田中 則仁  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が企業論の基礎をもとに、1)企業多国籍化の動向、2)多国籍企業の歴史的考察、3)多国籍企業の現状、そして4)多国籍企業の課題などについての体系的な知識を身につけると同時に、多国籍企業の果たすべき役割に関しても考察できる力を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 本講義では、企業が国際経営戦略をとる際に直面する多様な問題を、体系的に整理し分析する。国際経営戦略の展開では、相手国の投資優遇制度の活用から、現地雇用従業員の人事管理に際しての文化的社会的配慮など、各国の地域事情を考慮した柔軟な対応が必要になります。これらの広範な分野について、海外直接投資相手国での企業環境への適応方法や課題を検討します。本講義では理論的考察と事例研究をもとに、できる限り出席者との議論を通じて理解を深めていきます。
 
授業計画 Course Planning
多国籍企業の課題
本講義には、事前に渡した課題論文やテキストを熟読して出席して下さい。予習として、内容の理解はもとより、重要な個所と確認を要する箇所を明確にして出席してほしい。また、当日の議論を再整理して、さらに関連する事項や文献で復習することを心掛けて下さい。
1 海外進出の現状
2 海外進出の課題
3 所有と経営の問題
4 意思決定の現地化
5 国際労務人事戦略
6 生産拠点戦略
7 研究開発戦略
8 国際戦略提携
9 M&Aの現状
10 多国籍企業とベンチャー企業
11 多国籍企業経営と環境問題
12 研究発表(1)
13 研究発表(2)
14 研究発表(3)
15 多国籍企業の課題
 
授業運営 Course Management
 上記の多国籍企業に関するテーマから、受講者の関心によって関係する論文や、文献の章を抽出し議論していきます。受講者の積極的な参加意欲が大切です。後半の研究発表は、各自の関心あるテーマや内容でまとめた事例研究などを情報発信し、議論を喚起して下さい。
 
評価方法 Evaluation Method
評価は、後半に課す多国籍企業論や海外進出企業に関するテーマについてのレポート(4,000字程度)と、そのレポート内容についての受講者の一人20分程度の発表をします。これらを併せて、各50%の割合による総合評価で行います。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日午後0時30分-午後1時30分、木曜日午後0時30分-1時30分、それ以外でも在室の時は相談に来て下さい。
 
使用書 Textbook (s)
江夏健一・太田正孝・藤井健『国際ビジネス入門』[中央経済社(シリーズ国際ビジネス)]2008年
上記の他に、適宜ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスや日経ビジネスの所収事例を用いる。

 
 
 
[前へ戻る]