[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際経営論特講
Advanced Studies in International Management
 担当者
 Instructor
教授   原 貞雄  前学期 月曜日2時限
  後学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 ①国際経営の基本的概念の習得、②企業分析を自分の努力で遂行する能力の会得、③人前で発表するスキルの習得
 
授業内容 Course Content
 国際経営論は経営論ばかりでなく、文化・社会的なものも含め、かなり幅広い議論が必要となる。具体的には、日本の企業経営の成り立ちと特徴の分析から始め、日本の企業経営と欧米、他のアジア諸国との経営の違い、経営の海外移転の諸問題などを総合的に議論する。また学生による企業ケースの発表、分析、議論がこのクラスの軸となる。
 
授業計画 Course Planning
教科書の企業リストからケーースを2社選び、クラス発表をしてもらう。1社のケースにつき20時間程度の準備が必要となる。
また発表後、改善点についてクラス議論をする。
 1 日本企業の成り立ち、およびシラバスの記載事項について確認する
 2 経営のハイブリッドの概念の紹介
 3 日本と欧米の企業経営の違い
 4 実証研究からみた日米企業
 5 日本企業のアジアにおける経営
 6 経営の海外移転の諸問題
 7 ハイブリッド経営の実例
 8 ケース:日本企業の海外展開
 9 研究発表1:日本企業
    学生による企業ケース発表と分析、質疑応答
   参考として、過去のケース選択リストを下記に提示する
10 武田薬品の経営集中化とグローバル化
11 NTTドコモの戦略経営
12 花王:タイにおける販売革新
13 トヨタ自動車の生産システム
14 研究論文の書き方
15 まとめと総括
 
授業運営 Course Management
 最初の7週は主に講義、後半の9-13週は学生のケース発表と議論、最後の14-15週は研究論文の書き方と総括という流れで授業を進める。クラスにおける議論に積極的に参加する意思のある学生を希望。単位取得の必要条件として、学生には国際経営関連のトピックを選択しクラス発表をしてもらう。また発表内容をまとめ、講義の最終日にレポートとして提出してもらう。
 
評価方法 Evaluation Method
議論への参加度(20%)、クラス発表(50%)、レポート(30%)の総合判断による。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日 12:40-13:20
1号館2階 1-213
 
使用書 Textbook (s)
吉原英樹、板垣博、諸上茂登(編)『ケースブック国際経営』1版[有斐閣ブックス]2003年


 
 
 
[前へ戻る]