[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生態学
Ecology 
 担当者
 Instructor
講師   中井 静子  前学期 集中
講師   若山 典央  前学期 集中
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
いわゆる生態学が取り扱う生態系の保全や生物多様性の維持といった要素は、我々人類が将来にわたり地球上で生活していく上で大変重要である。 生態学を概観するための基礎および周辺知識の習得を目標として講義を行う。
 
授業内容 Course Content
本講義では生態学を概観するため、生物相互作用や生物多様性の維持機構について、主に潮間帯の生物を対象とした研究事例を紹介しつつ概説する。
また、生態学で取り扱う諸現象を理解する上で必要となる地球史や生物進化といった領域についても講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
各回の予定講義内容は下に示す通りであるが、実際の講義の進行により調整を行う。
予習として事前に参考書に目を通し、頻出する用語の意味や定義を把握しておく事で講義内容の理解が容易になる。
講義後の復習として、講義内容を踏まえながら再度参考書に目を通す事で理解を深めること。

1 生態学とは?
2 環境の諸行無常
3 物質循環と食物連鎖
4 ニッチ分割と多様性
5 潮間帯の環境と生物の関わり
6 個体群と群集
7 種間競争、種内競争
8 捕食と被食
9 寄生と共生
10 生活史 
11 遷移と撹乱
12 変異、遺伝、多様化
13 生物の諸行無常
14 人間と環境と生物、保全
15 総合討論
 
授業運営 Course Management
プロジェクタを利用した講義が主であるが、疑問点を解決し理解を深めるための討論を挟みながら進行する。
各自、講義中に疑問点、不明点などをメモしておく事。
 
評価方法 Evaluation Method
レポートによる評価を基本(80%)とし、討論時の積極性などを加味(20%)する。
全15回のうち、4回以上欠席した場合は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
中井静子: e-mailによる対応を基本とする。 連絡先は講義時に周知する。
若山典央: 6−111Aにて随時対応する。
 

参考書 Book (s) for Reference
A. マッケンジー『生態学キーノート』[丸善出版]2012
池谷仙之・北里洋『地球生物学』[東京大学出版会]2004

 
 
 
[前へ戻る]