[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際日本文化特殊講義C2
 
 担当者
 Instructor
教授   尹 亭仁  後学期 火曜日4時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、①韓国語と日本語における助数詞の用法について全体像をつかむこと、②韓国語と日本語の助数詞が構文にもたらす違いについて具体的な用例を見ながら理解を深めること、③両言語において助数詞が発達している言語的背景について考察し、その現状をまとめることである。
 
授業内容 Course Content
韓国語中級以上のレベルの学生を対象とする。韓国語と日本語の助数詞の用法を中心に両言語の違いを見ていく。
 
授業計画 Course Planning
毎回、議論を円滑に持っていくために、各回の該当内容について用例を考えてくること。
第1回  ガイダンス、シラバス記載事項の確認。韓国語の助数詞の特徴
第2回  日本語の助数詞の特徴
第3回  助数詞に関する参考文献の紹介
第4回  韓国語における頻度の高い助数詞
第5回  日本語における頻度の高い助数詞
第6回  ディスカッション(頻度から見えてくる両言語の助数詞の異同について)  
第7回  漢語派生の助数詞
第8回  固有語および和語派生の助数詞
第9回  ディスカッション(派生関係から見えてくる両言語の助数詞の異同について)
第10回  両言語の助数詞と英語との比較
第11回  論文の講読(「日本語類別詞の意味構造と体系:原型意味論による分析」)
第12回  論文についてのディスカッション
第13回  発表およびレポートのテーマについての議論
第14回  発表
第15回  まとめ
 
授業運営 Course Management
授業計画に沿ってすすめていく。毎週韓国語と日本語の助数詞の用法について議論する。
 
評価方法 Evaluation Method
授業態度60%、レポート40%により評価する。
講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
出校日の研究室(17号館307号室)
 
使用書 Textbook (s)
『4か国語助数詞辞典』[私家版]

参考書 Book (s) for Reference
『デイリーコンサイス韓日・日韓辞典』[三省堂]2009

 
 
 
[前へ戻る]