[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
スペイン語圏文化特殊講義A1
Lectures in Spanish and Latin American Culturers A1
 担当者
 Instructor
教授   小倉 英敬  前学期 木曜日4時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 ラテンアメリカのスペイン語圏地域においては、19世紀後半より急速に世界資本主義システムが拡大し、これら地域の社会構造に大きな変化をもたらし、新たな思想・運動を発生せしめた。
 本講義では、ラテンアメリカのスペイン語圏地域のうち20世紀初頭のペルーを取り上げて、世界資本主義システムの浸透が周辺部資本主義社会にどのような社会構造の変化と思想・社会運動史の展開をもたらしたかを理解することを目指す。
 
授業内容 Course Content
 本講義は、ペルーの思想史を概説した上で、20世紀初頭のペルーの思想家たちの文献の講読を通じて行い、適宜演習方式をも取りいれて実施する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は次のように予定している。予習として、各回の該当頁を予め読んでおくことが不可欠であり、また復習として講義内容の思想史的意味合いを再考することを勧める。
①シラバス記載事項の確認。20世紀初頭ペルーの思想史の概説
 19世紀後半からの経済史的背景を概説した上で、その思想史への影響を概説する。
②マリオ・バルガス・ジョサの『古典的ユートピア』の講読(1)
 『古典的ユートピア』のうち19世末から20世紀初頭のアリエリズムに関連する部分を講読する。
③マリオ・バルガス・ジョサの『古典的ユートピア』の講読(2)
 『古典的ユートピア』のうちインディヘニズムに関連する部分を講読する。
④ホセ・カルロス・マリアテギの思想(1)
 マリアテギの思想の全体像を講義する。
⑤ホセ・カルロス・マリアテギの思想(2)
 「インディヘニズム論争」におけるマリアテギの論稿を講読する。
⑥ホセ・カルロス・マリアテギの思想(3)
 マリアテギの国民統合論に関連する論稿を講読する。
⑦ビクトル・ラウル・アヤ・デ・ラ・トーレの思想(1)
 アヤ・デ・ラ・トーレの著作のうち「先住民問題」に関する論稿を講読する。
⑧ビクトル・ラウル・アヤ・デ・ラ・トーレの思想(2)
 アヤ・デ・ラ・トーレの『反帝国主義論』の一部を講読する。
⑨アルベルト・サンチェスの思想(1)
 「インディヘニスモ論争」におけるサンチェスの論稿を講読する。
⑩アルベルト・サンチェスの思想(2)
 サンチェスのマリアテギ批判の論点を整理する。
⑪ルイス・バルカルセルの思想(1)
 バルカルセルの『アンデスの嵐』の一部を講読する。
⑫ルイス・バルカルセルの思想(2)
 1920年代におけるバルカルセルの思想を整理する。
⑬ウリエル・ガルシアの思想(1)
 ガルシアの『ヌエボ・インディオ』の一部を講読する。
⑭ウリエル・ガルシアの思想(2)
 ガルシアの『ヌエボ・インディオ』論を整理する。
⑮まとめ:受講生レポート発表
 
授業運営 Course Management
 講義と演習方式を組み合わせて実施する。予習・復習は不可欠。
 
評価方法 Evaluation Method
 毎回の講読における理解度を基準に(50%)、期末のレポート内容(50%)を合わせて総合的に判断する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日12:10~13:00、水曜日12:10~13:00、金曜日12:10~13:00
 
使用書 Textbook (s)
『マリアテギとアヤ・デ・ラ・トーレ』初版(小倉英敬)2012年

参考書 Book (s) for Reference
La Utopía Arcaica,初版,(Mario Vargas Llosa),1996

 
 
 
[前へ戻る]