[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際文化論(文学)
International Culture Theory (Literature)
 担当者
 Instructor
教授   鳥越 輝昭  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 この講義の到達目標は、履修者が、ヨーロッパ文学の根幹について特徴を知り、日本の文学との相違も意識しながら、自分の考えを広げ深めることです。
 
授業内容 Course Content
 ヨーロッパの古典〜近代の文学の根幹に位置している詩作品を取り上げ、その特徴を文化史的な観点から概説したうえで、抜き読みにより、作品そのものの感触を知ってもらうことにします。抜き読みにあたっては日本語訳を使いますが、理解の助けになる箇所については原文や英語訳も紹介します。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は下記のように予定していますが、時間の都合で多少前後することもあります。
 予習としては、講義で取り上げる予定の作品について、事前に百科事典などを利用して概略を知っておいてください。さらに時間の余裕があれば、作品そのものを読んでおいてください。
 復習としては、ノートや配付資料を読み返して、講義内容の要点を確認するとともに、理解を深めてください。

1.シラバスの記載事項について確認、講義全体の目的・概要・進め方・学習法・評価方法について説明
2.ウェルギリウス『アエネーイス』の概容解説
3.『アエネーイス』前半の抜き読み
4.『アエネーイス』後半の抜き読み
5.『聖書』の概要解説
6.『聖書』(旧約)の抜き読み
7.『聖書』(新約)の抜き読み
8.ダンテ『神曲』の概容解説
9.『神曲』地獄篇の抜き読み
10.『神曲』煉獄編・天国篇の抜き読み
11.ゲーテ『ファウスト』の概容解説および抜き読み
12.『ファウスト』の抜き読み(続き)
13.ボードレール『悪の華』の概容解説および抜き読み
14.T・S・エリオット『荒地』の概容解説および抜き読み
15. 筆記試験および解説
 
授業運営 Course Management
 講義形式で行います。パワーポイントとコピーを使い、教科書は使用しません。参考図書は第1回の授業の際に紹介します。出席だけを加点対象にはしません。
 
評価方法 Evaluation Method
 最終回に実施する筆記試験を70%、レポートを30%の割合で評価します。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 水曜3時限(会議のないとき)、17号館326研究室へ
 


 
 
 
[前へ戻る]