[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本芸能論A
Japanese Performing Arts Theory A
 担当者
 Instructor
准教授 松本 和也  前学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①日本の現代演劇にふれてその特徴を把握し、②そこから遡りながらさまざまなパフォーミング・アーツ(能・狂言・文楽・歌舞伎など)の概要をその成立事情や歴史的な条件とともに学び、③日本のパフォーミング・アーツやそれを支える身体についての理解を深めることである。
 
授業内容 Course Content
日本の現代演劇および伝統芸能(能・狂言・文楽・歌舞伎など)について、その概要を講義しながら、あわせて映像資料などを用いて実際に鑑賞し、批評する。また、授業全体を通して、今日へと至る芸能~演劇の体系的な布置や連続性についても検討をくわえる。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は、一応次のように予定しているが、時間の関係で前後することがある。予習としては、演劇論や戯曲などのテキストに目を通しておくこと、復習としては、講義内容と映像資料の関連性や、他のパフォーミング・アーツとの差異や類似点を確認しておくことが望ましい。

1:さまざまなパフォーミング・アーツ1──舞台表現の可能性
2:さまざまなパフォーミング・アーツ2──身体を考える
3:小劇場演劇史を振り返る(イントロ)
4:平田オリザの方法論1──『ソウル市民』の革新性
5:平田オリザの方法論2──『東京ノート』の方法
6:平田オリザの方法論3──『その河をこえて、五月』の多文化性
7:ポスト平田オリザの展開1──チェルフィッチュ『三月の5日間』
8:ポスト平田オリザの展開1──ままごと『わが星』
9:小テスト及びその解説
10:日本の古典芸能概説
11:能──D・ルヴォー『葵上』から
12:狂言──野村萬斎『ハムレット』から
13:文楽──平田オリザ『三人姉妹』から
14:歌舞伎──野田秀樹『研辰の打たれ』から
15:授業まとめと2016年のパフォーミング・アーツ
 
授業運営 Course Management
映像資料やパワーポイントを用いながらの講義形式とする。より多くのパフォーミング・アーツを鑑賞することが、何より重要である。意欲的に映像資料をみることとあわせて、受講生が授業外でも積極的に映像作品を鑑賞し、各種劇場に足を運ぶことが望ましい。
 
評価方法 Evaluation Method
授業内容の確認も含めた小テスト(50%)と自身で直接見たパフォーミング・アーツに関するレポート=批評文(50%)を総合して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜昼休み、研究室にて(メールなどで事前にアポイントを取って下さい)
 
使用書 Textbook (s)
授業時にレジュメ等を配布する。
参考書 Book (s) for Reference
松本和也『平田オリザ 〈静かな演劇〉という方法』[彩流社]2015
他は、適宜、授業中に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]