[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本文化論(近代文学)
Japanese Cultural Theory (Modern Literature)
 担当者
 Instructor
准教授 松本 和也  後学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
この授業の到達目標は、受講生が、①近代の文学作品にふれ、その成立事情や内容・表現の特徴について触れ、また②多様な文学者・文学作品を通じて、そこに書きこまれた文化や刻まれた時代性について学び、以上を総合して③日本文化について考えるための多様なアプローチを身につけることである。
 
授業内容 Course Content
この講義では、文化的テーマを体現した近現代の文学作品をとりあげて、小説としての分析・読解に即しつつ、近代史上における日本文化という観点から注目し、講義していく。各作品について、前半では小説をていねいな読解し、そこに書き込まれた日本文化の諸問題を取り出し、それを踏まえた後半では、発展的に日本文化をめぐる論点を講義していく。
 
授業計画 Course Planning
各回の授業内容は、一応次のように予定しているが、時間の都合で前後することがある。予習としては、まずテキストを読んでくること、また復習としては、テキストの語句・概念などについて、参考書をあたって確かな知見にしておくことを勧める。

1.文学作品から見る日本文化/日本の捉え方
2.「日本(人)らしさ」とは何かⅠ:谷崎潤一郎「陰翳礼讃」(テクストから)
3.「日本(人)らしさ」とは何かⅡ:谷崎潤一郎「陰翳礼讃」(論点の展開)
4.戦後の日本(人)と言葉Ⅰ:小島信夫「アメリカン・スクール」(テクストから)
5.戦後の日本(人)と言葉Ⅱ:小島信夫「アメリカン・スクール」(論点の展開)
6.異文化の価値観Ⅰ:綿矢りさ『かわいそうだね?』(テクストから)
7.異文化の価値観Ⅱ:綿矢りさ『かわいそうだね?』(論点の展開)
8.小テスト1及びその解説
9.日本(人)における差異Ⅰ:芥川龍之介「蜜柑」(テクストから)
10.日本(人)における差異Ⅱ:芥川龍之介「蜜柑」(論点の展開)
11.現代日本における女性Ⅰ:川上弘美「蛇を踏む」(テクストから)
12.現代日本における女性Ⅱ:川上弘美「蛇を踏む」(論点の展開)
13.国内における地域性Ⅰ:目取真俊「魂込め」(テクストから)
14.国内における地域性Ⅱ:目取真俊「魂込め」(論点の展開)
15.小テスト2及びその解説

 
授業運営 Course Management
すべて講義形式とする。テキストを読みつつ、日本の文化について語る、考える、書くなどの実践的な授業となるが、私語は厳禁とする。
 
評価方法 Evaluation Method
2回の小テスト(30%×2)と授業時のコメント・ペーパーの提出状況および内容(40%)を合わせて評価する。ただし、出席が半分に満たない場合は評価対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜昼休み、研究室にて(メールなどで事前にアポイントを取って下さい)
 
使用書 Textbook (s)
最初の授業で指示する。
参考書 Book (s) for Reference
適宜、授業中に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]