[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国文化研究
Chinese Culture 
 担当者
 Instructor
教授   村井 寛志  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 この授業では、受講者が中国近現代メディア史の研究に必要な史料講読の方法を身につけ、自らの研究に応用する能力を身につけることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 中国近現代メディア史に関する中国語史料を講読し、史料の読み方、分析の仕方を身につけることを目指す。
 
授業計画 Course Planning
 受講者は分担した中国語文献について事前に予習し、報告を行う。
 各回の報告担当者以外に関しても、配布された中国語文献については事前に簡単に目を通しておくことを勧める。各回の授業で参考文献を紹介するので、復習としてそれらを読んでみることを勧める。
1 イントロダクション―歴史研究における史料の扱い方―
2 中国メディア史の史料状況
3 各地の文書館、図書館の利用方法
4 19世紀中葉、宣教師の発行した新聞史料の講読
5 初期中国人発行の新聞史料の講読
6 変法期の新聞史料の講読
7 光緒新政期の新聞史料の講読
8 辛亥革命前の電線、鉄道などに関する史料の講読
9 五四新文化時期の史料の講読
10 初期映画に関する史料の講読
11 ラジオ放送関連史料の講読
12 初期レコード外社関連の史料の講読
13 戦時下のプロパガンダ関連の史料の講読
14 第二次大戦直後の大衆文化関連史料の講読
15 まとめと展望
 
授業運営 Course Management
 受講者は分担した中国語史料について事前に予習し、報告を行う。
 史料から読み取れる内容をより深く理解するため、時代背景について調べた上、報告を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 中国語史料に関する課題報告(40%)、関連するテーマ報告(40%)、授業中の積極的な発言、質問(20%)。 
 4回以上欠席した者は評価の対象としない(遅刻2回で1回の欠席として数える)。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜18:00、村井寛志研究室
 


 
 
 
[前へ戻る]