[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国歴史研究
Chinese History 
 担当者
 Instructor
准教授 中村 みどり  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
近年、日中戦争期および冷戦期の文化現象について、摩擦と交流の双方から両義的に捉える研究がすすめられている。本授業では、履修者はその成果である研究書を精読し、戦争と人間、政治と文化のかかわりについて深く考える。
 
授業内容 Course Content
日中戦争期および冷戦期の香港の映画制作を論じた研究書一冊を精読しながら、問題や疑問についてディスカッションを行い、日本と香港の間の摩擦・交流の歴史について深く学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
第1回:前期授業の振り返り、ガイダンス
第2回:第1章 戦前・戦中における香港と日本の映画関係(香港の抗日映画)
第3回:第1章 戦前・戦中における香港と日本の映画関係(陥落期における香港映画界)
第4回:第2章 中華電影における日中映画関係(中華電影とは)
第5回:第2章 中華電影における日中映画関係(上海映画人の日本映画体験)
第6回:第2章 中華電影における日中映画関係(日本人の上海映画に対する見方)
第7回:第3章 香港と日本の映画関係を促成する近因(香港映画界における左右分裂)
第8回:第3章 香港と日本の映画関係を促成する近因(国泰が香港へ移転する経緯)
第9回:第3章 香港と日本の映画関係を促成する近因(戦後日本映画界における変化)
第10回:第4章 香港と日本の映画交流の黄金時代(東宝との交流活動)
第11回:第4章 香港と日本の映画交流の黄金時代(日本との合作映画)
第12回:第4章 香港と日本の映画交流の黄金時代(日本人材の導入)
第13回:第5章 70年代以後の交流および香港映画と日本映画の相互影響(スタジオ・システムを通した交流)
第14回:第5章 70年代以後の交流および香港映画と日本映画の相互影響(日本における香港映画)
第15回:第5章 70年代以後の交流および香港映画と日本映画の相互影響(香港における日本映画)



 
授業運営 Course Management
毎回担当者に概要・キーワードをまとめたレジュメを作成し、発表してもらう。
その内容、問題定義に対してディスカッションを行う。

 
評価方法 Evaluation Method
通常授業における課題発表(50%)とレポート(50%)
 ※授業の1/3以上を欠席した者は、その時点で評価対象外となるので注意すること。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
曜日時限:火曜日昼休み、場所:中村研究室(20号館-425)

 
使用書 Textbook (s)
邱淑婷『『香港・日本映画交流史』』[東京大学出版会]2008 第2版


 
 
 
[前へ戻る]