[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英米文学特殊講義B2
Lectures in Anglophone Literature B2
 担当者
 Instructor
教授   郷 健治  後学期 火曜日7時限/水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
すべての文学研究および英語研究の基礎力となる、文学作品のテキストを精読する力を養う。
 シェイクスピアの劇作品を読み、その奥深い意味の世界を探究し、考察することにより、「自分の頭で考える力」を鍛える。
 世界中で愛され、グローバルな「世界文化遺産」だといえるシェイクスピアの劇作品を通して、イギリス文化・ヨーロッパ文化の「異文化理解」を試みる。
 シェイクスピアの作品理解に役立つ批評理論もあわせて学ぶ。
 毎回のディスカッション、学期末のプレゼン、期末レポートにより、考える力、知的な会話・対話・議論のスキルを磨き、学究的な論文を書く力を養う。

 
授業内容 Course Content
シェイクスピア研究の入門コースです。
 シェイクスピアの喜劇 Much Ado About Nothing(『から騒ぎ』)のテキストを、新旧2つの日本語訳を参照しながら、1年間かけて通読する。
 明治・大正期に日本が西洋文化を輸入し、理解しようと格闘した時代のもっとも注目すべき「異文化理解」の実践例として、 坪内逍遥の偉業『沙翁(さおう)全集』(全40巻)に注目する。シェイクスピアのMuch Ado About Nothingの英語を逍遥がその翻訳『から騒ぎ』(昭和2年初版)でどう日本語に翻訳したのかを考察することによって、英語と現代日本語の対応関係をあらためて考える。
 また、シェイクスピア劇が現代の舞台や映画でどのように解釈されているかを考察する。
 
授業計画 Course Planning
毎回 Much Ado About Nothing の英文5~6ページを新旧2つの翻訳(坪内逍遥訳と松岡和子訳)を参照して読み、疑問点(英語と物語について)を考え、日本との文化の違いを考えてくる。復習としては、授業で読んだ原文を音読し、シェイクスピアの台詞を声に出して楽しむ。
1.Much Ado About Nothing 3幕1場 
2.Much Ado About Nothing 3幕2場
3.Much Ado About Nothing 3幕3場 
4.Much Ado About Nothing 3幕4場 
5.Much Ado About Nothing 3幕5場 
6.Much Ado About Nothing 4幕1場 前半
7.Much Ado About Nothing 4幕1場 後半
8.Much Ado About Nothing 4幕2場
9.Much Ado About Nothing 5幕1場
10.Much Ado About Nothing 5幕2場
11.Much Ado About Nothing 5幕3・4場
12.『から騒ぎ』批評を読む(1)
13.『から騒ぎ』批評を読む(2)
14.プレゼンテーション
15.まとめと期末テスト

 
授業運営 Course Management
シェイクスピアの英文テキスト(購入すべきテキストは開講時に指示します)を毎回5~6ページ読みます。各自がまず松岡訳で該当箇所を日本語で読んだうえで原文のシェイクスピアの英語を読み、その英文テキストと物語(narrative)の意味を理解してくること。そのうえで、逍遥の旧訳『から騒ぎ』(コピーを配布)を参照して、逍遥がシェイクスピアの英語をどう日本語に翻訳したのかに着目する。(授業中に重要な英文はくわしく解説します。)そして、毎回、読んだ箇所の①疑問点と②イギリスと日本と文化との差異を考えてくる。授業ではまずこの2点を話し合い、そのあと、重要なセリフの英語と物語の意味と日英文化の差異について考察して、名セリフを音読する。シェイクスピアの原文を声に出して読む楽しさを会得するというのもこの授業の大きな目標となる。そして、履修者各自が『から騒ぎ』の和英両テキストを読んで探究したいテーマを見つけ、そのテーマを探究し、学期末に20分のプレゼンテーションをしたうえで、学期末レポートとして提出する。



 
評価方法 Evaluation Method
毎回の討論への貢献度 30%
プレゼン 20%
期末レポート 50%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日の昼休みに、20号館406研究室へ。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示します。

 
 
 
[前へ戻る]