[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英米文学特殊講義A1
Lectures in Anglophone Literature A1
 担当者
 Instructor
教授   村井 まや子  前学期 火曜日1時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
1. 英語で書かれた批評文の読解力を養成すること。
2. ヨーロッパのおとぎ話の研究手法と文学批評理論の基礎知識を学ぶこと。
3. 修士論文の作成に必要な学術論文の書き方を身につけること。
 
授業内容 Course Content
この授業では、ヨーロッパのおとぎ話の歴史について学ぶとともに、"Red Riding Hood"や"Cinderella"などの伝統的なおとぎ話の異話と再話を英語で読み、時代や文化の違いが同じ物語にどのような変容をもたらすのかを分析する。あわせて、物語の構造分析やモティーフの分類など、おとぎ話批評の基礎的な概念について学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
毎回の授業で発表担当箇所の予習が必要となる。あわせて授業で学んだ内容を踏まえて各自で課題論文の準備を進めることが求められる。

1: Guidance
2: Prologue: Introduction to the Fairy Tale
3: The Worlds of Faery: Far Away and Down Below 1
4: The Worlds of Faery: Far Away and Down Below 2
5: Summary and Discussion
6 :With a Stroke of Her Wand: Magic and Metamorphosis 1
7: With a Stroke of Her Wand: Magic and Metamorphosis 2
8: Summary and Discussion
9: Voices on the Page: Tales, Tellers, and Translators 1
10: Voices on the Page: Tales, Tellers, and Translators 2
11: Summary and Discussion
12: Potato Soup: True Stories/Real Life 1
13: Potato Soup: True Stories/Real Life 2
14: Summary and Discussion
15: Review and Feedback
(進行状況によって授業計画は変更となる場合がある。)
 
授業運営 Course Management
Marina Warner著Once Upon a Time: A Short History of Fairy Tale(2014)の指定部分の担当者による要約および解説と、それに続く受講者全員によるディスカッションが主体となる。
授業内で学んだ批評の概念を応用して受講者各自が具体的に作品分析を行い、論文にまとめて学期末に提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
発表: 30%、ディスカッションへの参加: 30%、論文: 40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業前後の教室および水曜日の昼休み
研究室:20号館422号室
 
使用書 Textbook (s)
Marina Warner,Once Upon a Time: A Short History of Fairy Tale,Oxford University Press,2014年

参考書 Book (s) for Reference
授業内で紹介する
 
 
 
[前へ戻る]