[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英米文化特殊講義B2
Lectures in Anglophone Cultures B2
 担当者
 Instructor
教授   ウィリアム・マコウミ  後学期 火曜日4時限/水曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
十九世紀後半の産業・科学革命による激しい文化・社会価値観の変化を背景にした、アメリカと明治日本との文化交流史や総合観についての理解を深めること。
 
授業内容 Course Content
Lafcadio Hearn(小泉八雲)の体験したイギリスやアメリカを背景にかれが見たことや体験した日本を対象的に分析する。他の欧米人の日本研究に対して、Hearnの日本についての著作を評価する。

本授業は前期の内容の続きである。西洋人が見た明治日本というテーマをより幅広く深く協議する。Lafcadio Hearnの様々な本から抜粋した作品を中心として、英語で読む。それに関連して、同じ時代に活躍した人物E.S. Morse, Henry Adams, John LaFarge, Percival Lowell, Okakura Kakuzo,などが書いた日本や東洋の諸国に対する西洋の諸国の文明や文化比較についての一次資料の抜粋も英語で読む。
 
授業計画 Course Planning
1. 使用書の Introduction, (pp.7-16); My First Day in the Orient, (pp.19-38)
2. The Chief City of the Province of the Gods, (pp,39-62)
3. In the Cave of the Children's Ghosts; At the Market of the Dead, (pp.63-86)
4. By the Japanese Sea; Beside the Sea, Drifting, (pp.88-115)
5. In Yokohama; Bits of Life and Death, (pp.116-143)
6. At a Railway Station; In Cholera-Time; A Letter from Japan; In a Japanese Hospital,(pp.144-167)
7. Fuji-no-yama,(pp.168-184)
8. In a Japanese Garden, (pp,187-218)
9. Survivals; Insect Musicians, (pp.219-252)
10. Kusa-Hibari; A Glimpse of Tendencies,( pp.253-272)
11. The Japanese Family,(pp 273-287
12. A Conservative, (pp.291-309)
13. Kimiko; The Story of Mimi-nashi Hoichi; Ubazakura; Yuki-Onna,(pp.310-334)
14. Jikininki; Ningyo-no-Haka; The Reconciliation,など、(pp.335-365)
15. 試験とまとめ
 
授業運営 Course Management
各週の宿題に基づいて授業の講義や議論を行う。それに関連する資料についても取り上げる可能性がある。履修者の積極的参加を期待する。各週の講読課題を踏まえて講義や説明、議論。授業は主に英語で行う。
 
評価方法 Evaluation Method
授業議論への貢献、試験のエッセイ、レポートなどを総合して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後かアポイントメントによる。
 
使用書 Textbook (s)
Lafcadio Hearn,Penguin,(Writings from Japan),1994


 
 
 
[前へ戻る]