[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語学特殊講義A1
Lectures in English Language Linguistics A1
 担当者
 Instructor
教授   辻子 美保子  前学期 木曜日5時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、統率・束縛理論の枠組みにおける生成文法理論の基礎―特に、句構造理論(句構造規則・Xバー理論)、項構造とθ理論、格理論、束縛理論に関する基本的な考え方を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
音と意味とを関連づける心的メカニズムとして文法を捉え、それがヒトに生得的な能力であると主張する生成文法理論は、現代言語学の中で極めて重要な言語理論である。この授業では、統率・束縛理論の枠組みにおける生成文法理論を構成する基本的な諸原理(句構造理論、格理論、テータ理論、束縛理論)を押さえていく。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は、次のように予定しているが、時間の関係等で若干前後する場合もある。予習としては、指定された部分を予め読んでから授業に臨むこと。復習としては、講義時に示した理論を日本語等の言語に当てはめて考察してみることを勧める。

1. 生成文法理論の基本的な考え方 
2. 生成文法理論の変遷 
3. 句構造理論 (1)   句構造規則と句・文の構造
4. 句構造理論 (2)   Xバー理論と句・文の構造
5. 句構造理論 (3)   機能範疇の役割
6. 構造的諸概念   C統御・統率等の構造的諸概念
7. 格理論 (1)     格付与に関する原理(格フィルター)
8. 格理論 (2)     格素性照合
9. 一致現象      主語-動詞の一致の関係性    
10. テータ理論   項構造と意味役割
11. 束縛理論 (1)   照応形の分布と束縛原理A
12. 束縛理論 (2)   代名詞の分布と束縛原理B
13. 束縛理論 (3)   指示名詞の分布と束縛原理C
14. 空範疇理論    空範疇の種類とその分布
15. 総論
 
授業運営 Course Management
この授業は基本的には講義形式で進めていくが、理論的・経験的問題についてのディスカッションもとり入れていく。

 
評価方法 Evaluation Method
授業内におけるディスカッションの内容、及び、学期末に提出される報告書(review article)により評価する。報告書については、指定された論文(格理論、テータ理論、及び束縛理論に関するもの)のリストから論文を1つ選び、その論文を論評してまとめたものを提出すること。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問、等々については、授業終了後、その場で受け付ける。

 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。

 
 
 
[前へ戻る]