[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語教育特殊講義D1
Lectures in English Language Education D1
 担当者
 Instructor
教授   橋 一幸  前学期 火曜日2時限/火曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義では、以下の目標達成のために計画的に指導を進める。
①原書の講読を通して、より広い視点から外国語教育のあり方、特に外国語教師としての成長を促す授業改善の方法(Reflective teaching)について考察し理解を深める。
②優れた授業実践の分析からも学び、自己の授業実践や教育実習など指導体験を省察する。
③自己の研究課題の明確化を図る。

 
授業内容 Course Content
 本講義は、現職の中・高英語教員や教員を志す院生を主たる対象に、英語科教育の理論と実践を学び、外国語教育への理解を深め、実践に生きる応用力の育成をめざす。わが国の現職英語教員研修等においては、主として「英語運用能力」と「授業力(指導技術)」の伸長が目的とされているが、プロの教員としての更なる成長(professional teacher development)を期すためには、英語力、授業力に加えて、自己の授業実践を内省し、問題点を抽出して仮説を立て、意識的な実践を通じてより良い授業へと改善する「授業改善能力」の育成が不可欠であり、EUなどではこれを重視した教員養成や教師教育が行われている。「特殊講義D1」では、教師の信念と意思決定、学習者の認知スタイルや学習方略、授業の構造、学習者と教師の役割、授業での言語使用や活動など、外国語教育全般に渡って考察し、授業を自ら内省(reflection)し改善するための視点を得る。また、原書テキストの輪読を通じて受講者が研究論文を書くための英語理解力・表現力の伸長を図るとともに、修士論文執筆への示唆も与える。
 
授業計画 Course Planning
 原書の輪読と討議では、各自予習を前提とする。また、レポーターに指名された学生は、レジュメを用意して担当する章を要約・解説する。コメンテーターに指名された学生は、担当章について自己の体験や学習に基づく解釈や感想発表、問題提議等を行う。
1.オリエンテーション、英語教師の専門性と本講義の目的、英語教育と自己の研究課題の関連
Richards & Lockhart (1994) の概要 (Introduction, pp.1-5)
2.Richards & Lockhart (1994) の輪読と討議①:Approaches to classroom investigation in teaching (pp. 6-28)
3.輪読と討議②:Exploring teachers’ beliefs (pp. 29-51)
4.輪読と討議③:Focus on the learner (pp. 52-77)
5.輪読と討議④:Teacher decision making (pp. 78-96)
6.輪読と討議⑤:The role of the teacher (pp. 97-112)
7.DVDによる中学校授業研究と協議―教師の信念と役割、生徒の行動観察(中3:Charity Project)
8.輪読と討議⑥:The structure of a language lesson (pp. 113-137)
9.輪読と討議⑦:Interaction in the second language classroom (pp. 138-160)
10.輪読と討議⑧:The nature of language learning activities (pp.161 -181)
11.輪読と討議⑨:Language use in the classroom (pp.161 -181)
12.DVDによる高等学校授業研究と協議―授業過程の設計と教室内インタラクション観察(高2:Diversity)
13.Richards & Lockhart (1994) のまとめ(Epilogue, pp.201-204)と受講者の学びの共有
14.省察と発表①「自己の学習・教授体験の省察と問題点の抽出」
15.省察と発表②「授業改善のための仮説の設定とその検証法」、夏休みの課題(参考書:佐野2000のBookレポート)
 *学外の英語教育の学会、研修会なども適宜紹介して参加を促し、中高の現場教員の実践から学ぶ機会も提供する。

 
授業運営 Course Management
 Richards & Lockhart (1994) を各章の担当レポーターとコメンテーターを決めて輪読、討議することを中心に進める。自分自身の課題を見つけ、それを意識しつつ学び、後半は各自の課題に即したアクション・リサーチを構想し、それぞれの立場や経験に応じて可能な範囲で進める。履修者の主体的・積極的参加を期待する。
 
評価方法 Evaluation Method
 原書講読口頭発表への取り組みの姿勢とその成果50%、討議への積極的参加20%、レポート30%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火・水・金曜日の昼休み、または、火曜日2限の授業前後、20-413髙橋研究室。
 
使用書 Textbook (s)
Richards, J. C. and Lockhart, C.,Reflective Teaching in Second Language Classrooms.,Cambridge University Press,(Cambridge Language Education),1994年

参考書 Book (s) for Reference
佐野正之(編著)『アクション・リサーチのすすめ―新しい英語授業研究』[大修館書店(英語教育21世紀叢書)]2000年
*その他、参考図書は必要に応じて適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]