[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
文化遺産資料学特論
Cultural Heritage Studies 
 担当者
 Instructor
教授   昆 政明  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が有形・無形の生活文化を、「文化遺産」と認識してその価値を見出し、資料化する方法論を得ることにある。

 
授業内容 Course Content
 この講義では、これまで脈々と伝えられてきた生活文化遺産の多くが、社会の急激な変化により変化・消滅の危機にあることを踏まえ、その中から、地域の産業を支え文化の交流にも大きな役割を果たした「船」について考える。
 
授業計画 Course Planning
1 ガイダンス
2 和船の基礎知識① 船の発展過程と船体構造
3 和船の基礎知識② 推進具と操船技術
4 和船の基礎知識③ 船大工と造船技術
5 漁船分類と船名集(船の分布と伝播)
6 ムダマハギとオモキ造
7 ドブネとドカイ
8 漁具漁法の伝播と船
9 大型木造漁船の分布と伝播
10 小型木造漁船の分布と伝播
11 漁船と荷船
12 海船と川船
13 船絵馬とひな形
14 造船儀礼と船霊
15 海上信仰

 
授業運営 Course Management
 主に講義形式によるが、テーマによっては受講生の発表および討論を組み込んだ授業を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業への参加態度と発表およびレポートにより総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問などは、随時教室で受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
資料を配付する。
参考書 Book (s) for Reference
講義のつど、紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]