[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
現代史料学特論
Recent Modern History 
 担当者
 Instructor
准教授 大川 啓  前学期 金曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、現代史を深く理解するために、これまでの近現代史研究の成果を学ぶとともに、その課題を検討する方法を身につけることです。
 
授業内容 Course Content
本講義では、近年刊行された『岩波講座日本歴史』第15~19巻(2014~2015)よりいくつかの論文を取り上げ、近現代史研究の成果と課題を検討します。
 
授業計画 Course Planning
受講者の専門分野や希望に応じて適宜予定を変更します。
講読文献を必ず予習してくること。

01 ガイダンス
02 地方自治制と民権運動・民衆運動(第15巻)
03 文明開化の時代(第15巻)
04 教化・教育政策と宗教(第15巻)
05 伝統文化の創造と近代天皇制(第16巻)
06 近代学校教育制度の確立と家族(第16巻)
07 社会問題の発生(第16巻)
08 戦間期の家族と女性(第17巻)
09 大衆文化の端緒的形成(第17巻)
10 総力戦の遂行と社会変容(第18巻)
11 戦時・戦後農村の変貌(第18巻)
12 戦争と大衆文化(第18巻)
13 戦後日本の社会運動(第19巻)
14 高度経済成長と日本社会の変容(第19巻)
15 戦後史の中の家族(第19巻)
 
授業運営 Course Management
受講者による報告とそれにたいする教員のコメントを中心とした講義です。各回の報告担当者には、担当箇所を要約し、その論点や自身の疑問点、補足調査の成果などを示したレジュメの作成を求めます。また、受講者間の積極的な議論を求めます。
 
評価方法 Evaluation Method
報告内容、講義への参加状況によって評価します。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問などは、講義後にその場で受け付けます。
 

参考書 Book (s) for Reference
講義の進行に即して適宜紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]